2016年流行る予感しかしない!!新登場のスーパーフード3選?

2016superfood1

2015年はキアヌ、ユーグレナ、ビーポーレンなどのスーパーフードが流行しましたね。
今回は2016年に流行が予想される注目のスーパーフードを先取りしてお届けします♪

世界が大注目!最新スーパーフード情報☆

2015年もさまざまなスーパーフードが紹介され、女性の美容と健康に対する意識を高めてくれました。
そしてさっそく、2016年に話題になりそうなスーパーフードがあるという情報をゲットしました!
今回はそんな流行先取りのスーパーフードを3つご紹介いたします。
実は身近なあれもスーパーフード・・・?!

「テフ」

まずは、ここ数年の間一気に広まった「キヌア」の次に流行るといわれている「テフ」です。
テフとは、エチオピア人の主食とされており、栄養素としては鉄分が非常に多く含まれています。

・小麦や大麦よりも2、3倍もの鉄分が入っている。
・タンパク質、カリウム、必須アミノ酸も多く含まれている。
・グルテンを含まないため、小麦アレルギーの方でも食べられるし、カロリーも低い。

基本的には、パンのような製法で発酵させて焼く「インジェラ」というクレープ。
酸味があるため、好みは分れるようです。
大注目の食材ですが、実は現在は輸出禁止となっております。
というのも、現在国内需要を満たすので精一杯の生産量なのです。
キヌアの世界的大ブームが発端となり、生産地での価格高騰、環境負担などが危惧されているための処置となっています。
今後の動向に注目したいスーパーフードです。

「ルピナス豆」

ルピナス豆とは、スペインやイタリアではよく食べられているマメ科ルピナス属植物から採取される種子です。

・タンパク質と食物繊維が豊富なルピナスマメは、コレステロール値を下げる効果も期待でき、ダイエットに最適。
・満腹感が強く、食事の量が減るといううれしいことも・・・。

豆をひいた粉などが売られているので、パンの材料に混ぜて焼いて取り入れると簡単です。
ぜひ試してみてください。

日本でも、ルピナスは「園芸用の花」として販売されています。しかしこちらは毒性を含むため、けっして口にしないようにしましょう。
食用として販売されているものをとるようにしましょう。

「海藻」

実は、海外で次に注目されているスーパーフードは私たちの生活に身近にあるものなのです。
それが海藻。
ワカメや昆布など、日ごろとっているあの海藻です。
栄養価にすぐれているのは、みなさんご存じのとおりでしょう。

・海藻はミネラルやビタミン、カルシウムを多く含む。
・海藻に含まれている「水溶性食物繊維」は水を吸うと量が増え、胃の中で膨らむので、満腹感も与えてくれ、ダイエットにはぴったり。

海外では、ひじきやワカメなどが輸出され、自然派スーパーで売られていますが、高価な上にどう食べれば良いか分からない・・・と、まだ根付いてはない様子。
しかし、日本人なら簡単に取り入れられますね!
やはり日本人としておすすめは味噌汁。発酵食品である味噌をとりつつ、海藻を採ることが出来るので簡単でおすすめです。
また、ひじきなども戻してサラダに混ぜたりするだけでも十分1品作る事が出来ます。
日本人に身近な食材「海藻」から、ぜひ取り入れてはいかがでしょうか。
****************************************
2016年最前線のスーパーフード情報でした(*^▽^*)
海藻が海外から注目されているのは、日本の和食が注目されているのにも関係があるポイントです。
新しい情報に目を向けつつ、日本の食材も取り入れて行きましょう。
ある日突然、日ごろの食事がスーパーフードを取り入れたレシピとして世界中で話題になる日も近いかも?!