アメリカでは当たり前!【ビーフジャーキー】がダイエットに効果アリ!スタミナをつけてスリムボディ!

beef

おつまみにもってこいなビージャーキーですが、実はダイエットに効果があるって知っていましたか?旨味が凝縮され、ほどよい噛み応えのビーフジャーキーは、ダイエット中のおやつにピッタリ。特にワークアウトをしている人は、積極的にとることでより効果的といいます。

ビーフジャーキーの栄養など魅力を見て行きましょう。

ビーフジャーキーはタンパク質が豊富で低カロリー!

ダイエット中の方にはオススメの補食ビーフジャーキー。タンパク質が沢山含まれています。そのため、運動をしている人にはオススメの1品です。

ビーフジャーキーからタンパク質を摂取して、筋肉量を増やす運動をすれば基礎代謝量がアップしてリバウンドしにくい身体を作ることができます。

1枚(4g)あたりのカロリーは約13kcal

1日の目安は5~8枚程度。鉄や亜鉛なども含んでいるため、貧血気味の方にもオススメです。

身体を引き締めたい!ダイエットへの取り入れかたとは?

おやつ代わりに食べることで、効果的にダイエットへと取り入れることが可能となります。

特に硬さがそのポイント!噛みごたえ抜群のビーフジャーキーは、噛めば噛むほど味が広がりおいしくなります。

しっかり噛んでいると満腹中枢は刺激され、空腹を紛らわすことが出来ます。

ゆっくりとよく噛んで、味わうようにすると更に効果的です。食べてから20分程度で満腹だと脳は感知します。1枚ずつ時間を掛けて食べると、量は少なくとも十分なおやつになります。

健康のためにも塩分には注意を!

塩分の摂り過ぎは健康だけでなく、ダイエットにもよくありません。

塩分の平均摂取量は8gとされていますが、ビーフジャーキーの塩分は20gあたりおよそ1gとされています。

1日の目安の5~8枚程度を食べると、大体1g強といったところになるので、美味しいからといって食べ過ぎには注意です。

また、他の食生活ともバランスを考えてビーフジャーキーを食べるようにしてみてください。

効果的なダイエットフードとも言えるビーフジャーキーを、ぜひ賢くダイエットに取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。