NOT無駄!ぼーっとしてるときって実は脳が普段の20倍も動いてる?!

bo-ttositerutoki450

上手く考えがまとまらなくて、やらなきゃいけないことがあるのにぼーっとしてしまう…。
そんな時間は、決してムダではないんです!!
実は脳が超活性化している、「ぼーっと」タイムの神秘を大公開!

ぼーっとしてたら頭悪くなりそうだけど…

高い研究水準で有名なドイツのマックス・プランク研究所は、
「脳活動はオフ状態にはならない。たとえわれわれ人間自身がそうしようと思ったとしても」
という内容の、脳の活動に関する報告を発表しています。
発表によると、ぼーっとしているとき、つまり「何もしていない・何も考えていないとき」にも、人間の脳は無意識のうちに働いているというのです。
しかも、脳はただ動いているだけでなく、
普段意識して考え事などをしているときの約20倍も多く、活発に動いているという衝撃的な事実が分かりました!
ぼーっとしているときに密かに行われる脳の活動は「デフォルト・ネットワーク」と呼ばれ、効率よく頭の中の考えを整理したり新しいアイディアを閃いたりするために欠かせない活動なんです!!
さて、デフォルト・ネットワークの恩恵を得るためには、どのような時間の過ごし方が有効なのでしょうか!?
さっそく解説していきたいと思います!

脳を20倍働かせるための効果的なリラックス方法!

脳がイキイキと活動的になるデフォルトネットワーク状態を得るには、何も考えずぼんやりとリラックスする時間が必要!
そんなリラックスタイムを得るためにオススメなのは、好きな音楽を聴くこと
お気に入りの音楽を聴いている時間は、誰にとっても特別ですよね。
他にも、シャワーを浴びるときお風呂に浸かっているときも深いリラックス効果が得られ、デフォルトネットワークが活性化しやすくなります。
どのようなリラックス方法を取る場合でも、大事なポイントは「何も考えない」ということ。
気持ちをリセットさせるつもりで、無心でぼーっとする時間を作ってみてくださいね。

デフォルトネットワークを妨げる行動に注意!

デフォルトネットワークのおかげで、ぼーっとしている時間はムダにはならない。
これってなかなかスゴイことですよね!
でも!
そんな無意識化の脳の働きを、私たちが普段何気なくやっていることがジャマしてしまっている可能性があるんです!
デフォルトネットワークを阻害するのは、インターネットの利用

知りたいことを再現なく調べられるインターネットを長時間利用すると、知識の吸収と思考が再現なく続いてしまい脳の働きを乱してしまいます。
そのため、インターネットは適度に楽しみ、依存してしまわないように気を付けなくてはいけないんです!
また、ネットを利用したあとはゆっくりリラックスタイムを取って、脳をリフレッシュさせてあげることが大切ですよ!!

まとめ


何も考えずにぼーっとする時間が、脳にとってはこんなに大切だったんですね!
キレイな景色をみたり、散歩したり…
たまにはぼーっと、のんびりした時間をたっぷり作ってみてもいいかもしれません☆
特に、新しいアイディアや発想の転換が重要なお仕事についている人は、ぼーっとタイムをしっかり取ってくださいね!!