日焼けで眼病?UVケアは肌だけじゃない!紫外線から目を守ろう

eye_sigaisen2

夏が近づくと気になるのは紫外線ですよね。念入りに日焼け止めを塗ったり、アームウォーマーを利用したりと、色々と日焼け対策を行っていると思います。でも皆さん、肌ばかりに気をとられていませんか?紫外線の影響は肌だけではありません。

目も紫外線の影響を受けて日焼けするんですよ。目が日焼けすると、肌のように黒くならなくても症状が現れ、眼病を引き起こすことがあります。知らず知らずのうちに日焼けして、眼病を招くなんて、恐るべし紫外線

今回は、目の日焼けについて紹介します。病気になる前にしっかり対策をとって紫外線から目を守りましょう。

1  日焼けについて

肌の日焼け対策の代表と言えば、日焼け止めです。念入りに塗りなおしたり、屋外のレジャーではSPFの数値が高いものを選んだりしていると思います。

では、目の日焼けについては気にしていますか?半袖で肌を露出している部分と同じように、目も露出しているので同じくらい日焼けをしているのです。

また、目の日焼けは肌の日焼けにも関係しています。目の角膜が紫外線を吸収すると脳に伝達がいき、脳からは肌にメラニンを作るよう指令が出されます。メラニンが増えると肌が日焼けするだけでなく、シミの原因にもなります。

2  目の日焼けによる症状と病気

eye_sigaisen

目の日焼けは、肌の日焼けのように黒くなるわけではありません。目が日焼けすると次のような症状が現れます。

  • 目の充血している
  • 光がまぶしい
  • 目にコロつく異物感がある
  • 泣いているわけでもないのに涙が出る
  • 目を開けにくい
  • ドライアイになっている

 

このような症状は、紫外線があたってから数時間後に現れます。数日経てばおさまりますが、目に紫外線が蓄積されていくと眼病を招く危険性もあります。

角膜が炎症を起こす「角膜炎」や、白目を覆っている結膜が黒目まで伸びる「翼状片」、老人に多い「白内障」も紫外線によって起こる眼病の一つです。若いから大丈夫!なんてことはありません。紫外線を蓄積させないことが眼病予防に繋がります。

3  目の日焼け対策

肌の日焼け対策のように、目に日焼け止めを塗ることはできません。紫外線から目を守るには、サングラスを活用することが効果的です。

ブランド物からプチプラな物まで様々なサングラスがありますが、目の日焼け対策でサングラスを使用する場合は、紫外線カット効果のある物を選ぶようにしましょう。サングラスは形に加え、レンズの色も微妙に異なり、種類が多くあります。普段なら自分の肌色や顔立ちなどで選ぶところですが、紫外線カット効果で選ぶなら、薄い色のレンズがおすすめです。自分の顔にフィットしていなければ、十分な効果が得られないだけでなく、おしゃれにも見えません。色々試着して、自分に合ったサングラスを選んで下さいね。

目の日焼けは肌の日焼け、更には眼病の危険性も高まります。肌の日焼け対策に加え、目もサングラスを活用して日焼け対策を行いましょう。サングラスが苦手な人は、ツバの長い帽子がおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。