顔の5倍の紫外線を浴びてる!髪を守るためにすべき3つのこと

hair_sigaisen

顔や腕、足などの日焼け止めはもちろん気をつけていると思いますが、実はこの季節頭皮の日焼け止めも気をつけるべきということ、ご存じですか?

ふだん気にしない事が多いと思いますが、頭皮はなんと、顔の5倍も日差しのダメージを受けているといいます。
その結果、髪質に影響が及ぶというのです。どんな影響があるのか、どんなケアや予防があるのか、さっそく見ていきましょう。

頭皮の日焼けで髪がダメージ? その原因とは

 

hair_sigaisen3

髪の内部のタンパク質は、もともとアミノ酸システインに結合。これにより、健康的な髪が生えてきます。
しかし紫外線を浴びることで、この内部のタンパク質がゆがみを起こしてしまい、弱った髪の毛が生えてしまうのです。

紫外線を受けることで髪の毛はパサパサに…

髪の毛を生成するために必要なタンパク質に異変がおきると、何がおこるのか。
じつは、髪や頭皮への日焼けのダメージは想像を超えるもので、長時間浴びることで、パーマをかけるより髪の毛が傷んでしまうといいます。
特に、髪の内部が乾燥し、パサパサになってしまったり、枝毛や切れ毛が発生してしまうのです。

髪の紫外線対策

肌の紫外線対策と同じように、頭皮や髪の紫外線対策もぜひ行っていきましょう!
外出前の対策はもちろん、帰宅後のケアも重要となってきます。

出かける前

外出するとき、帽子や日傘は持っていますか?これらを使うだけで、群と紫外線の影響は抑える事ができます。
また、頭皮に日焼け止めを塗るのも効果的です。顔用の日焼け止めを使うようにしましょう。
最近ではスプレータイプのものが、頭皮にも対応していることもあります。選ぶ時の目安にしてみてください。

出かけた後

hair_sigaisen4

帰宅したら、まずは頭皮をよく冷やしましょう。シャワーで頭に水をかけることで大丈夫です。痛みやかゆみがある場合は、ある程度おさおまるまで水をかけてください。
保冷剤や濡れタオルなどを乗せて冷やすのも効果的です。
シャンプーするときは優しく行うようにして、肌に痛みを感じるほど焼けているときはシャンプーの使用は控えましょう。
しっかり流した後、化粧水を頭皮に塗布するのも効果的です。使うのは顔と同じ物でかまいませんが、美白効果やアルコールが入っているものは避けるようにしましょう。

肌と同じように髪もしっかりUVケアを!

hair_sigaisen2
肌は日焼けによる変化がわかりやすいため、ケアをしっかりしますが、髪のケアは忘れがちになってしまいます。
今からでも遅くありません!しっかりと外出時のケア、帰宅してからのケアを取り入れて、健康的な頭皮と髪を維持出来るように夏を乗り越えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。