【何を食べても大丈夫!】アメリカで話題の8時間ダイエットとは!?

hatijikan_diet

今年アメリカで話題の8時間ダイエット。夏に向けてスマートになりたい!と願う女性にとっては、気になって仕方がないダイエットだと思います。

その方法は一体どういうものでしょうか?

●8時間ダイエットってどういうこと?

8時間ダイエットと聞くと「8時間なにかをすればいいの?」と、思う人がほとんどだと思います。今回紹介する8時間ダイエットは、ずばり1日の内、8時間の間だけ食事をとるダイエット方法です。

「え?それだけ?」と思う人も多いと思いますが、これはかなり効果が期待できます。
8時間以内にすることで、1日の食事は2食になってしまいますが、その間ならばなにを食べてもいいということです。ただし、過剰摂取にはご注意を!

●8時間ダイエットの効果は

8時間ダイエットを行うことで、いくつか減量だけではないポイントもあります。その一つが、朝の目覚めがスムーズになること。
食事をする時間が8時間ということは、残りの16時間は食事をしません。それにより、消化器官をゆっくりと休ませることが可能となります。
消化吸収をしている時もかなりの体力を使用するため、消化器官を16時間休ませることで、眠気やだるさが解消されるのです。

そして注目の減量効果として、2ヶ月で5キロ体重を減らすことも可能です。
5キロなんて少ない!と思う人もいるかもしれませんが、この8時間ダイエットの注目すべき点は、好きな物を食べてイイということです。
たまにご褒美スイーツを食べても、問題がないというのは、ストレスにもならなくていいですね!

8時間ダイエットで痩せる3つの理由

魅力的な8時間ダイエット。なぜこんな簡単なことで痩せるの?と思うかもしれませんが、きちんと理由があります。

1日2食になることで、摂取カロリーを減らすことが可能。

 

消化吸収がよくなる。

 

胃腸が健康になり太りにくくなる。

摂取カロリーを減らすことができ、なおかつ胃腸の機能回復や消化吸収がよくなることで、必要な栄養をしっかり吸収することが出来ます。
胃腸の機能回復により、便秘が解消されることで自然と痩せやすい体質になっていくのが8時間ダイエットの痩せる理由なのです。

8時間ダイエットの正しいやり方

簡単なのは、朝ごはんを抜く方法です。12時から20時までに食事をするようにすれば、十分8時間ダイエットは可能になります。
もちろん食べ過ぎは禁物ですが、比較的なにを食べてもいいのが8時間ダイエット最大の特徴です。

そのなかでも、下記の食材から2つ選んで食べることが大切です。

hatijikan_diet2

卵、肉(脂身の少ないもの)
乳製品
ナッツ類
豆類
ベリー系の果物
明るい色の果物
葉もの野菜
穀物(玄米など)

これらから食材を選ぶことで、栄養価の高い食事が維持できるのです。

そして大切なのは水分補給です。
水分はどの時間でも取っていいのですが、なるべく意識してしっかりとるようにしましょう。他にも、お茶やコーヒーも可能です。お茶はなるべくノンカロリー、ノンカフェインがおすすめです。
コーヒーの場合はブラックで。ただし飲み過ぎると胃が荒れることもあるので、程々に飲みましょう。

8時間ダイエットを失敗しないためのポイント

・8時間以内に食べるカロリーは、1日の必要カロリ-をオーバーしないこと。
・バランスを考えて食事を取り、エネルギー不足や野菜不足にならないように心掛ける。
・水分のみの時間帯に、甘味料やスポーツドリンクをとらないこと。
・8時間の内にどか食いをして、胃腸の具合が悪くならないように心掛けること。

また、これらを守りながらダイエットをする際に、適度な運動を取り入れるようにしましょう。代謝を高めることで、リバウンドしにくい身体を作ることが可能となります。
8時間ダイエットは多くの結果とともに、リバウンドの報告も目にすることが多いです。ほとんどは、元の生活習慣に戻すとすぐに戻ってしまうもので、代謝を高められていないことが要因です。
ストレッチなどの有酸素運動を取り入れることで、リバウンドは回避することができます。

ぜひ8時間ダイエットをうまく取り入れ、理想のプロポーションへと近づいていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。