コツを知るだけで効果2倍!日焼け止めの正しい塗り方

hiyakedome

紫外線が強くなる季節、シミはもちろん病気の原因にもなるため、日焼け止めをしっかり塗って外出する人は多いと思います。でも、その日焼け止めの知識、正しいですか?塗り方もしっかり効果のあるものになっていますか?

正しい日焼け止めの使い方を知って、しっかり夏を楽しみましょう!

日焼け対策は必要不可欠!

suncut

紫外線量は、5月〜9月に多くなります。実は5月にはすでに一番紫外線の強い季節に入ってしまってるため、日差しが強くなくても日焼け対策は不可欠なのです。

紫外線には、UVA(紫外線A波)UVB(紫外線B波)があります。
UVAは一年中照射されていて、ガラスなどでの遮断も不可能。シミやたるみの原因になります。
UVBは夏場特に多く、ガラスなどで遮断は可能ですが、日焼けを起こす原因となります。

日焼け止めのSPFとPAの再確認!

suncut1

パッケージによくかかれている、SPFとPAの表記。
SPFとはUVB(紫外線B波)の防止効果を数値で表したもの。50+が最高となっています。

PAとは、UVA(紫外線A波)をカット出来る指数。
やや効果がある「PA+」、効果がある「PA++」、非常に効果がある「PA+++」となっています。
「PA+++」は、屋外で特に活動するときにオススメです。

どちらも数値が長ければ高いほど効果はありますが、肌への負担はぐんと高くなります。
散歩や出勤時などはSPF10〜20でPAは+〜++程度で大丈夫です。
用途に応じて使い分けるようにすることで、肌の負担を軽減させることができます。

日焼け止めを効果的に塗るためのコツ3つ

出かける直前には塗らない。

実は、日焼け止めが肌に馴染み、効果を発揮してくれるのは30分ほど時間をおいてから。なので、出かける直前に塗っている人は要注意です。
メイクの時に、腕や足などは先に塗って、時間をおくようにするといいですね。

こすりすぎず、ムラを作らない

いつも塗る時どうやって塗っていますか?片腕に1回分出してからのばしている人も多いと思いますが、コレは間違いです。
きちんと全体を均等に塗ることで、効果があります。
塗る時にこすりすぎると肌に無駄な負担をかけるのでやめるようにして、2度塗りを念頭において、ムラなく塗るようにしましょう。

塗り直しは2〜3時間間隔で

一般的に、日焼け止めは2〜3時間間隔で塗り直す事が重要です。
汗をかいたり、顔をこすったりすると、しっかり塗っていても落ちてしまいます。
メイク直しの際に、顔の油脂をしっかりとって、日焼け止めを塗り直し。その上からメイクを直すようにすると効果的です。

夏のレジャーを楽しむためにも、きちんとした日焼け対策は重要です。秋にかけて肌のトラブルに悩まないためにも、今からしっかり対策をして、夏をエンジョイしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。