まぶたがむくんでいませんか?美人の条件!むくみ知らずのスッキリおめめになる方法

mabuta1

朝起きてまぶたがむくんでいた経験、誰でもありますよね…
でもどうしたらいいか分からず、そのまま出かけちゃったり…
まぶたがむくむ原因と対処法をきちんと理解すればそんなお悩みも簡単解決!

まぶたがむくむ原因とその対処法とは…?

朝起きて、目元がむくんでいるときの絶望感。
きっと誰でも味わったことがありますよね。
目元が冴えないとメイクもきまらないし、こんな日は誰にも会いたくない!
そんな目元のむくみには原因と解決法があるって知っていますか?

 

あるアンケートでは、男性が女性のパーツで一番最初に見るところは目だとか。
そしてさらに、第一印象を決める上で最も重要な顔のパーツ第1位も目。
目は口ほどにものを言うとも言いますし、目が大切なポイントなのは分かります。

 

でも、朝起きたらむくんだ目元。
「今日の目は本来の私じゃないの!!いつもはもっとイイ感じなの!!」という日に限って、初対面の人と合う予定があったり、デートがあったり…
毎日むくみ知らずでいたいものですよね。
むくんでいては、魅力も半減(;へ:)
いつでもスッキリおめめでいるために、できることから始めましょ♪

 

まぶたがむくんでいるとこんなにおブスになってしまう…!

 

顔の中でも、最もむくみが出やすいまぶた。
まぶたがむくんでいると、目は半分しか開かないし、腫れぼったい印象になるし、良いことなしです。
まつ毛もまぶたが被ってしまって上がらない。
アイラインもどこまで引いていいのやら…

 

目元に自信がなくなると、憂鬱になり目を合わせて話したくなくなります。
ただのむくみのはずが、明るさまで奪ってしまうなんて恐ろしい!

 

反面、いつも通りすっきりした目元でいられれば、メイクもバッチリ、仕事もプライベートも自信を持って1日過ごせます♪
きちんと目を見て相手と話せば、それだけであなたの印象もアップ。
ただのむくみと侮ってはいけません。
毎日を楽しく過ごすためにも、1日たりともむくんだ目元で良い日なんてないんです!

 

 

むくみ知らずのスッキリおめめになる方法5選

まぶたのむくみは、原因を知ればきちんと対処できるものです。
やってはいけないことと、むくんでしまったときの改善法をしっかりと覚えておきましょう。

塩分を摂りすぎたらカリウムで排出!

まぶただけではなく、全身のむくみの大きな原因である「塩分の取りすぎ」
塩分をたくさん摂ると、体が体内の塩分濃度を下げようとするため水分の排泄を抑えます。
むくみは、必要以上に体内に水分が蓄えられている状態なんです。

 

☆対処法☆
塩分排出の助けになるのは「カリウム」
スイカやキュウリ、納豆やアボカドに多く含まれています。
またパセリはカリウムが多い食材No.1なので、外食時も積極的に食べましょう。
現代の食生活では、どうしても塩分過多、カリウム不足になりがちです。
そんなときはカリウムのサプリメントを使うのも良い方法♪
塩分摂りすぎたな?と思う食事をしたときは、一緒に飲めばきちんと体外に排出してくれますよ。
もちろん、健康のためにも減塩を普段から心がけることが1番大切です。

 

お酒の飲みすぎはむくみを招く!

お酒を飲み過ぎた翌日はむくんでしまうという女子はとっても多いんじゃないでしょうか?
お酒には利尿作用があり、しっかり排出されているはずなのになぜなのでしょう?
ご存知の通り、お酒を飲むと体外に水分が排出されやすくなります。
すると体は脱水状態になり、今度は水分を溜め込もうと働きます。
しかし水分がない!さっき出した!
それならリンパ管から染み出た水分や血液を溜め込もう、と排出されるべきものを溜め始めるんです。
体を守るためとはいえ、そんなものを溜め込んでいたなんて恐ろしい(T△T)!!

 

☆対処法☆
お酒を飲むときは水をこまめに飲むことです。
水分補給をしっかりすることで、余計なものを溜めておく必要がなくなりますよね。
二日酔いや悪酔いの防止にもなるので一石二鳥です。
また、お酒を飲むときは味の濃いものが食べたくなりがちですが、おつまみの塩分にも気をつけましょう。

 

大泣きしてもむくませないポイントはコレ!

夜寝る前に、感動的な映画を見て大泣き。
満たされた気持ちでベッドに入ったのに、起きて鏡を見たら「何この顔!?」
ってこと、ありますよね。
でも実はたくさん泣くことが、むくみの原因になるわけじゃないって知ってましたか?
泣いた時には手やタオルで涙を拭きますよね。
その時に無意識にこすってしまっているのが、むくみの原因なんです!
目をこするとまぶたに血液が集中します。
泣いた後に目元が熱くなる感じがするのはこのせいです。
そして血管から血液中の水分が沁み出してきます。
これがまぶたに留まってしまうのが、むくみの元!

 

☆対処法☆
泣いた時には決してまぶたをこすらないようにしましょう。
いっそのこと、流しっぱなしで良いぐらいです。
流れ落ちて頬に伝った涙だけを拭き、目元は触らない。
これでかなりのむくみを解消できます。

 

生理中はむくみやすい

生理中はホルモンバランスが変わり、水分を溜め込もうとするので、どうしてもむくみやすくなります。
目元だけではなく、脚がパンパンになるという方も多いですよね。
1ヶ月のうち約1週間あるこの期間を、いつも通りのスッキリフェイスで過ごすためにも、体に負担をかけないように過ごしましょう。

 

☆対処法☆
自分でできる対策として、生理中はできるだけお酒は控え、塩分にも普段以上に気を使いましょう。
そして体を冷やさないこと。
冷えはむくみの大きな原因の1つなので、生理中は特に温めることが重要です。
いつもよりも排出能力が落ちているので、白湯を飲んで代謝を整えるのも良い方法ですね。
水分を溜め込むことがむくみの原因になるからと言って、水分を控えるのは逆効果。
しっかり水分を摂り、体内の水はけを良くすることが、むくまない体を作る大切なポイントです。

 

それでもむくんでしまった朝には…

気をつけていたけど、やっぱりむくんでしまった!
そんな朝は誰にでもあるもの。
落ち込まないで大丈夫♪
簡単にできる応急処置があるんです?

 

温冷パックで血行促進

血行を良くすることで、目元に溜まっている水分を排出することができます。
まず冷たい濡れタオルとホットタオルを用意します。
その2つのタオルを、目元に交互に当てていきましょう。
1?2分おきに、温→冷→温→冷と繰り返します。
(※ホットタオルは濡らしたタオルを電子レンジで温めて作ると簡単です。)

 

紅茶のティーパックでむくみ解消

使い終わった紅茶のティーパックを良く冷まし、目元に乗せて5分ほど置きます。
紅茶のカフェインとタンニンが、腫れと赤みを抑えてくれます。
明日はむくむかも!という日は夜のうちに出がらしのティーパックを冷蔵庫で冷やしておくのも良いですね♪

 

まぶたのマッサージ

これも血行を良くして溜まった水分の排出に効果的です。
目元をスッキリさせる効果絶大なマッサージなので、メイク前にするのもGOOD♪

~やり方~
①目の上(眼球の上の骨のあたり)を内側から外側に向かって指圧します。
②目の下も同じように骨の当たりを指圧していきます。
③最後にこめかみをぎゅっと押し、また1から数回繰り返します。

 

****************************************

 

いかがでしたか?
目元は顔の中でもとっても印象的なパーツ。
簡単なコツさえ覚えておけば、毎日むくみのないスッキリとした目元で朝が迎えられます。
いつも通り、自信を持って過ごすためにも目元のむくみは大敵。
スッキリおめめのためにできること、今日からぜひ始めてみてくださいね?