【食べて痩せる?】運動の必要ナシ!MEC食ダイエットとは?

ダイエットでは食事制限や運動が必要になります。頑張って挑んでみたものの、きつくて続かなかったという人もいるのではないでしょうか?

食べて痩せられたら…運動せずに痩せられたら…と想像しますが、そんなに甘くないのがダイエットですよね。でも、そんなダイエットの常識を覆すダイエット法があるんです!食事制限なし!運動なし!で痩せられる夢のようなダイエット法。それが「MEC食ダイエット」です。

今回はMEC食のやり方やメリットなど、MEC食について詳しく紹介します。

MEC食とは

MEC食の「MEC」は、meet(肉)egg(卵)cheese(チーズ)を略したもので、「メック」と呼びます。MEC食はこの3つの食材を中心とした、高タンパク・高脂肪の食事で痩せる体質を目指す食事法で、沖縄県にある「こくらクリニック」の渡辺信幸先生が考案しました。

太りそう…というイメージのある食材ですが、MEC食では食事制限も運動もしなくても痩せられるそうです。ダイエッターにとっては夢のようなダイエット法ですよね。

MEC食のやり方

楽して痩せられるとは言え、MEC食に加えて糖質の多いご飯や、甘い物を食べていては太ります。MEC食を行う際は、次のことを守り、正しいやり方で行いましょう。

MEC食の摂取量

1日に必要な肉、卵、チーズの最低摂取量を守りましょう。

・肉…200g

・卵…3個

・チーズ120g

どんな調理法でも、どんな組み合わせで食べても構いません。また、3食全てをMEC食にする必要もありません。この量でお腹が満たされない場合は、量を増やしてもOKです。ただし、最低摂取量だけは守るようにしましょう。

噛む回数

girl-466136_960_720

一口に30回以上噛みましょう。

よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、脳はお腹がいっぱいになったと判断します。肉は硬いのでよく噛んで食べることが多いのですが、卵やチーズは30回以上も噛むことは少ないと思います。意識して噛んでみましょう。

糖質の量

糖質は控えましょう。

糖質制限ダイエットと違って、完全に糖質を禁止しているわけではありませんが、摂取する量は控えめにします。MEC食を食べてもお腹が満たされない時だけ、少量のご飯を食べても構いませんが、ご飯を食べるよりはMEC食の量を増やす方が良いでしょう。砂糖やみりん、ケチャップなどの調味料にも糖質は多く含まれているので、調理する際も気を付けて下さいね。

MEC食のメリット

MEC食はダイエットに効果的なだけではありません。次のような効果も期待できます。

・引き締まったメリハリボディ

・美髪・美肌

・糖尿病の予防・改善

・インフルエンザ予防

・アレルギー症状の緩和

これら以外にも、体質が改善されて肩こりや頭痛が治ったという人や、生理不順が改善されたという人もいます。楽して痩せられるだけでなく、体質改善効果も期待できるのはうれしいですね。

MEC食ではタンパク質や脂質以外にも、ビタミンやミネラルも摂ることができます。食べ方や組み合わせを変えて食べると、飽きずに続けることができるので、楽して痩せたい人は試してみて下さいね。

mederuwa無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。