2週間で健康&ダイエット効果?挫折しにくい もち麦ダイエットのルール2つ

motimugi

お笑い芸人「北陽」のあぶちゃんこと虻川美穂子さんは、産後ダイエットに成功しましたよね。その秘密はテレビ番組で挑んだ「もち麦ダイエット」のおかげです。たった2週間で-2.6㎏、ウエストにおいては10㎝以上も細くなったんですよ。
テレビで取り上げられてブームになってからは、もち麦が品薄になるほど「もち麦ダイエット」が話題になりました。確かに2週間でみるみる痩せていくなら、誰もが挑戦してみようと思いますよね。
既にテレビを見てから実践している人もいるかもしれませんが、まだもち麦ダイエットについて分からないという人のために、もち麦ダイエットの方法とメリットを詳しく紹介します。

もち麦とは

もち麦はビールや麦茶の原料として用いられる、大麦の一つです。麦ご飯の麦も同じ大麦の仲間ですが、麦ごはんの麦は押し麦であり、もち麦とは異なります。押し麦は精麦後の過程で、水分を吸いやすいようにローラーで平たくされますが、もち麦は平たくする工程がありません。そのため、麦ご飯を食べた時に感じるパサつき感はなく、モチモチとした歯ごたえとプチプチとした食感を感じることができます。

motimugi

ダイエット中は、カロリーを気にするあまり、白米を食べないようにしている人もいると思います。しかし、もち麦はダイエットに良いと言われる玄米よりもカロリーが低く、お茶碗1杯150gあたりのカロリーは198kcalです。
また、食物繊維も豊富で白米と比べると25倍、玄米と比べても4倍の食物繊維が含まれています。もち麦には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれているため、便秘解消効果が期待できます。特にダイエットで注目したいのは、水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は消化吸収までに時間がかかるため腹持ちが良く、血糖値の上昇を抑える働きがあります。
低カロリーでありながら、水溶性食物繊維が豊富という点こそが、もち麦がダイエットを成功させる秘密というわけです。

もち麦ダイエットの方法

もち麦ダイエットは、もち麦を食べて痩せるダイエット法です。最も簡単にもち麦を取り入れる方法としては、もち麦ごはんを食べることをおすすめします。
まずは、ダイエットの主体となるもち麦ご飯を作りましょう。白米1合に対し、水を1合入れます。もち麦1合に対し、水を2合入れます。軽く混ぜ合わせたら炊飯器にセットして、スイッチオン!たったこれだけで完成です。
もち麦ご飯が用意できたら、早速もち麦ダイエットの開始です。もち麦ダイエットには、大きく2つのルールがあります。

1日2回もち麦を食べる

3食の主食のうち、2食をもち麦ご飯に変えます。どの食事でも良いのですが、朝は必ず食べることをおすすめします。もち麦を朝に食べると、その後の食事の血糖値までコントロールすることができ、太りにくくなります。

2週間は続ける

便秘は腸内環境の悪化によって引き起こされます。もち麦によって腸内環境を整えることができますが、腸内環境の改善には2週間かかると言われています。なので、少なくとも2週間は続けるようにしましょう。

もち麦ダイエットのメリット

もち麦ダイエットではもち麦を食べるだけなので、食事制限は必要ありません。そのため、食事制限でありがちなリバウンドの心配もないのです。ダイエット中に白米などの炭水化物を抜くと、空腹やストレスに悩まされることも多いのですよね。もち麦をごはんにして食べると、白米を食べている感覚と同じなので、ストレスフリーなダイエットライフを送ることができますよ。
また、ダイエット目的ではなくても、血糖値が気になる人や、便秘で悩む人にも健康効果が期待できるのでメリットの多いダイエット法と言えます。

白米が大好きな人!食事制限せずに痩せたい人!便秘を解消したい人!もち麦ダイエットを試して、あぶちゃんみたいに痩せてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。