超簡単?一人暮らし女子必見!!ほっこり一人鍋レシピ3選

nabe1

鍋といえば大勢でわいわい楽しむイメージですが、一人鍋がひそかにブームになっているって知っていましたか??
今回は一人暮らし女子におすすめのヘルシーで簡単な鍋レシピを紹介しちゃいます♪

一人鍋女子急増中!!

冬本番、これから寒くなる季節はほっこり鍋がおいしい季節です。
最近は一人暮らし向けの小さい土鍋も手軽に購入できるので、野菜が多く取れて経済的な一人鍋をする人も増えてきています。
そこで一人鍋レシピをご紹介いたします。しかも、女性にうれしい美容健康効果も期待できる具材を用いた一人鍋です?
鍋だけでなく、翌日にもってこいのアレンジレシピも♪♪
安い時に冷凍出来る野菜を買って、小分けに冷凍保存しておくのも賢い方法です。
手間はかかりますが、疲れて帰って来た日でも直ぐに準備して食べられて経済的。そして体にも良いのでぜひ挑戦してみてください。

■本格派★キムチチゲ鍋

【材料】
・もやし 1/2袋
・長ネギ 1/3本
・豆腐  1/2丁
・豚こま 100g
・キムチ 70g
【だし汁】
・水   200~300cc
・牛肉ダシダ 
    小さじ1/2~小さじ1
・醤油  小さじ1/2~小さじ1
1.土鍋にもやしを敷き詰め、具材を乗せる。
2.【だし汁】を入れて火をかけます。
  具材の多さで水分は調整してください。
3.煮立ってきたらお好みのタイミングで召し上がれ。
ダシダを使う事で本格派な味になります(*^▽^*)
鶏ガラスープでも簡単に出来るので、手に入りにくい場合は代用可能です。

【オススメアレンジ】
食べきった翌日、春雨と残った豆腐を入れてスープのように食べるとおいしくいただけます。
お好みで、水を加えてスープを薄めるのもおいしく召し上がれます。

■お財布に優しい ヘルシーきのこ鍋

【材料】
・豚肉      50g
・きのこ類    好きな種類を好きなだけ
・玉ねぎ     1/4個
・大根おろし   2センチ程度
・味噌      大さじ1
・コチュジャン  小さじ1
・豆板醤     小さじ1/4
・水       300cc
・ととろ昆布   お好みで
★万能ねぎ
★青じそ
★白ごま    各お好みで
1.★以外の材料を鍋にいれ、約10分煮る。
2.火が通ったら器に盛り、しそ、万能ねぎ、ごまをお好みで散らして完成。
超簡単なきのこ鍋(#^^#)
きのこは価格変動があまりないので、経済的にも優しい野菜です。
きのこと味噌(発酵食品)をとることで、便秘気味の人にもオススメ。

【オススメアレンジ】
食べ終わった残り汁に、大根おろしを入れて加熱して食べるだけでもサッパリしてオススメ。
きのこを少なく入れて食べ終わってから、大根おろしを加えて食べるのも、最後までおいしくいただけます♪

■超お手軽 簡単水炊き鍋

【材料】
・水     使用する鍋の6割程度
・粒状だし  小さじ1(水に合わせて調整してください)
・白菜    1/4個
・鶏肉    100g程度
(手羽先・もも肉 お好きな方で)
・ねぎ    1/2本
・えのき   1/2個
・ポン酢   おこのみで
1.鍋に水、粒状だしを入れて一煮立ちさせる。
2.その間に具材を好きなサイズに切っておく。
3.肉から入れ、色が変わったら、ねぎ・えのき・白菜を入れる。
4.火が通ったら完成。ポン酢をつけて召し上がれ。
超簡単の手抜き一人鍋でもある水炊き鍋。
具材を入れて煮るだけですが、簡単に、且つ好きなだけ野菜が食べられるのでオススメです?
大きなお鍋で作っておいて、翌日に持ち越すのも可能です。具材はまた食べる時に足すとおいしくいただけます。

【オススメアレンジ】
白滝を入れ、残りの具材を加えて食べる二日目のお鍋もおいしくてヘルシー。
お肉は初日に食べておいて、二日目はヘルシーにというのも可能。
お好きな野菜を入れてアレンジして食べてください。
ヘルシーな鍋で美容健康を保っていこう!

鍋は鍋でも、すき焼きなどはカロリーや塩分も高く、あまりオススメできません。
ですが、ココで紹介したものはヘルシーで食べやすいものばかりです。
きのこ、ネギは小分けにしてジップロックで冷凍。
1回分の量を分けておけば、買い足しする量も減って経済的です☆
安い時に買っておいて、早めに食べてしまえば問栄養的にも題はありません。むしろきのこ類は冷凍すると栄養分も多くなるので、オススメです。
お肉も、牛肉ではなく豚肉や鶏肉をとるようにしましょう。
鍋の季節になると白身魚も安く、小分けで売り出されるので、簡単ヘルシーに取り入れられる魚料理にもなります。
ヘルシーな一人鍋レシピにトライして、寒い冬を乗りきってください(^_-)-☆