寝るだけで3キロ痩せられる?!睡眠がもたらすダイエット効果とは?

suiminndaietto3450

仕事やプライベートを優先するあまり、おざなりになってしまうこともある睡眠時間。いつもどのぐらい寝ていますか?実は睡眠不足が健康障害だけでなく、肥満にも影響しているって知っていましたか?
「ダイエットをしているのに、なかなかやせない!」という方は、一度睡眠時間を見直すと、やせやすくなるかもしれません。そんな睡眠とダイエットの関係を、今回は紹介いたします。

睡眠は食事制限よりダイエット効果がある!?

睡眠不足は美容の天敵!質の良い睡眠は脂肪を燃やす!

ダイエットをしていてもなかなかやせないという人は、一度睡眠時間を思いだしてみてください。仕事が遅く、寝られるのは多くて5時間程度…という方も多いかと思います。
しかし、実は7時間半~8時間程度、質の良い睡眠をとると脂肪燃焼効果がアップすると言われています。
寝不足が続き、不規則な生活を続けると太りやすくなってしまうため、いくら運動や食事制限を試みても、結果が出ないことがあるのです。

睡眠がなぜ脂肪燃焼にいいの?

睡眠でダイエット効果を出すのに不可欠なのは、質の良い睡眠ですが、時間帯にも左右されます。というのも、睡眠でダイエット効果を出す原因はホルモン分泌量にあるからです。
寝ている時もカロリーを消費している私たちの身体ですが、実は、レム睡眠(浅い眠り)は、起きているときよりもカロリーを消費しているのです。

正直信じられないような睡眠のダイエット効果ですが、アメリカで行われた結果では素晴らしいデータが出ています。
いつもと変わらない生活を送った人たちが、睡眠だけを気をつけることで、10週間で1.5kg~8kgのダイエットに成功したというのです!
しかも質の良い睡眠は美肌にもよいので、ダイエットをしている女性は睡眠時間にも注目してみてください。

ダイエット効果のある睡眠のとり方は、寝る時間帯がカギになる!

睡眠ダイエットの効果を最大に利用するためには、寝る時間帯が大切です。一番おすすめなのは「22時~5時」の間に寝ていること。夜更かしはお肌の天敵と言いますが、この時間帯は一番多く成長ホルモンが分泌されています。

<寝る時間の決め方>
起きる時間を決めてから、逆算して、8時間程度前に寝るようにしましょう。すぐに生活リズムを変えられない人は、徐々に早めていくといいでしょう。
意識しすぎて、ストレスをためてしまうと逆効果なので、あまり力まないようにするのもポイントです。
<質の良い睡眠をとるためのポイント>
・14時以降はカフェインをとらないようにする。
・寝る3時間前にはお酒を飲まない。
・寝る4時間前には運動をしない。
・1日15分は日光を浴びるようにする。

朝目覚めてから、15分程度日光を浴びるのがおすすめです。体内リズムが整うため、夜寝付きがよくなります。

おすすめアイテム

睡眠時にアロマを炊くのはおすすめ。
ラベンダーやオレンジ・スイートは、リラックス効果はもちろん、免疫強化やスキンケアに働きかける効果もあります。
加湿器やアロマディフューザーや、お風呂に入るときに湯船に入れたりして、香りを楽しんでリラックスしてください。

寝るだけダイエットのコツはよく寝ることにありますが、やはりストレスをためないことが大切です。すぐに寝つけなくても目を閉じてリラックスしていると自然と眠りに入っていけます。
「寝れない!どうしよう」と焦ることなく、徐々に睡眠時間をきっちりとれるように、生活リズムを変えてみてください。