まさか出汁に使っているあれが?【煮干し】にダイエットと美容効果!

niboshi

古くから日本の食生活を支えている煮干し。出汁につかうのはもちろんですが、そのまま食べる事もできる、万能な食材です。実はその煮干しに、美容効果があるということを知っていますか?
女性にうれしい効用が期待できる煮干しについて見て行きましょう。

煮干しにはミネラル・鉄分が豊富に含まれている!

misoshiru
煮干しにはミネラルが多く含まれています。しかも、亜鉛、マンガ、マグネシウムなどなど、肌に大切な栄養素がたっぷり含まれているのが特徴です。
他の食材にもミネラルは多く含まれていますが、毎日食べるとなるとちょっと難しいものも。ですが煮干しは、出汁としてお味噌汁や煮込み料理に使うことで、毎日バランスよくミネラルを摂取することが可能となるのです。
また、煮干しは貧血予防にもピッタリ。鉄分も多く含まれているため、毎日摂取することで生理時の貧血を予防することも可能です。
子どもの頃、骨を丈夫にする為に、と煮干しを食べるように言われた記憶、ありませんか? 煮干しは多くのカルシウムを含むだけでなく、カルシウムを吸収する際に必要なビタミンDも同様に含んでいるため、煮干しだけで骨の健康を保つ事が出来る素晴らしい食材なんです。

ダイエットの見方!DHAがたっぷり、ヘルシー食材

美容・健康効果だけでなく、煮干しはダイエットの強い味方です。ダイエット中の不足しがちな栄養素を摂れるだけでなく、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させると言われるDHAも含んでいます。
噛む事で満腹中枢も刺激されるため、ダイエット中のおやつに効果的なヘルシー食材でもあるんです。

煮干しの美味しいレシピ

煮干しの佃煮 梅風味

ダシを取った後の煮干し300g
自家製の梅干し3個
醤油100cc
砂糖50g
酒大さじ2
水飴(なければ味醂大さじ2)大さじ1
白ゴマ少々

  1. 煮干しをほぐしながら、ウロコを洗い出す。
  2. 鍋に煮干、梅干し、酒を入れ、アクを取って30分煮る。
  3. 砂糖、醤油を入れて煮詰める。

ダシを取った煮干しを冷凍してためておいて使うことも可能です、
おにぎりの具などにも最適。

小松菜と油揚げの煮干し炒め

小松菜1束
油揚げ1枚
にぼし10グラム程
ごま油 適量
いりごま適量
めんつゆ 大さじ1

  1. 油揚げを細切りにして、小松菜とさっと茹でる。
  2. ごま油をひいたフライパンに、煮干しを半分にちぎって入れる。
  3. 小松菜と油揚げを軽く絞って、強火でさっと炒めてめんつゆを入れる。
  4. ごまを入れてさっと炒める。

ダシだけでなく、ダシを取ったあとを利用しての小鉢や、野菜との炒めものなども使える煮干し。
ぜひ日常の食卓に取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。