【睡眠不足解消】蒸し熱い夜でもぐっすり!「温活」で毎朝すっきり目覚めよう♪

onakatsu_mezame1

日中も30℃以上を超える真夏日が続いていますね。夜も蒸し暑く、寝苦しい日が続いているこの頃。皆さんぐっすり眠れていますか?夜はエアコンをタイマー設定にしても、途中で切れて再びつけることもよくありますよね。そのせいで、睡眠が分断されて睡眠不足になることもしばしば。翌朝すっきり目覚めるためにも、熟睡したいものです。

そこでおすすめなのが「温活」です。温活は心と体を整え、質の良い睡眠を促してくれます。今回は、温活の睡眠効果について紹介します。

1  睡眠不足の原因

onkatsu_mezame3

睡眠不足の原因は人によって違います。

昼夜逆転生活や時差ボケなど「環境」によるもの、精神的な「ストレス」によるもの、重労働や激しい運動による「肉体疲労」によるもの、カフェインやアルコールの摂取など「生活習慣」によるもの、うつ病などの「病気」によるものなど、大きく5つに分けることができます。

暑さによる睡眠不足は「環境」と「肉体疲労」が関係しています。蒸し暑く、寝苦しい夜に加え、日中の暑さにより激しい運動をしていなくても体力は消耗しているのです。また、ビールもおいしいこの季節。ついつい飲みすぎてしまう人もいるでしょう。環境や肉体疲労に加え、「生活習慣」による原因も加わると、ますます睡眠不足に陥ってしまいます。

2   睡眠リズムを知る

質の良い睡眠とは、浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠が90分周期で訪れ、翌朝も爽快に目覚めることができる睡眠を言います。

まず自分がどんな睡眠リズムなのかを知りましょう。睡眠リズムを知ることで、自分に合った正しい眠り方を知ることができます。

睡眠リズムを知る方法として、お手軽なのがオムロンから販売されている「ねむり時間計です。ねむり時間計を枕元に置いて寝るだけで、寝付くまでの時間や睡眠時間、睡眠満足度などを測定することができます。スマホやパソコンとも連携しており、スマホのアプリに転送すると睡眠リズムや睡眠のタイプ、室内環境のチェックまでしてくれます。

3  温活の効果と方法

質の良い睡眠を行うためには、心と体をリラックスさせる必要があります。そこで最も効果的なのが「温活」です。

夏はシャワーで済ませる人も多いですが、睡眠不足解消のためにもお風呂に浸かるようにしましょう。熱くてお風呂に浸かれないという人は、足湯だけでもいいですし、体を温めるグッズを活用するだけでも体の温め効果は全く違います。グッズを活用する場合は、温め効果と共に、足のマッサージ効果もあるものを使用するとより効果的です。

温活は血行を促進し、リラックスすることができるので寝つきが良くなります。心と体の両方に効果的なんですよ。

連日、寝苦しくて熟睡できていないという人は、ぜひ温活をしてみて下さいね。明日からは爽快に目覚めることができるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。