25~34歳がやっている!美肌&アンチエイジングのための3つのこと♪【前編】

questionnaire1_1

25~34歳の女性に「美肌やアンチエイジングのために実践していることは?」とアンケートを実施!すると多くの回答者さんが実践している3つのことが判明しました。今回は【前編】です♪

みんなが実際にやっている美容法って?

「同年代だけど若々しいお肌のあの子はどんなことを心がけているのかな?」
「今、自分がしてるこの方法、昔からやってきてはいるけどこの方法でいいのかな?」
そんな風に思う女性、いらっしゃると思います。
そこでmederuwaでは、25~34歳のいわゆるアラサー女性達に「美肌またはアンチエイジングのためにあなたがやっていることは?」というアンケートを実施。
すると、大きく分けて3つのポイントが浮かび上がってきました。

今回は【前編】として3つのポイントのうちの「ターンオーバーを整えるためのスキンケア」「食事&サプリメント」の2つをご紹介します?

ターンオーバーを整えるためのスキンケア

「保湿に力を入れて、化粧水と乳液、美容液のシンプルなスキンケアを続けています。」(アネモネ大好きさん/34歳)

「洗顔後の化粧水などのケアに時間をかけて、一つ塗っては肌に浸透するまで待ち、次を塗るということ」(ぽむたろうさん/26歳)

「メイクは必ず落としてから寝ること」(さっちゃん/25歳)

「顔を洗う時やメイクを落とすときは、ゴシゴシこすらない」(peromiさん/32歳)

まずは基本中の基本ですがスキンケアを丁寧にやるという意見が見られました。
基本中の基本とはいえ、忙しくて手を抜きがちという方もいるのでは?
丁寧なスキンケアは肌のターンオーバーを整えるために必須!
肌のターンオーバーとは、肌の新陳代謝や肌の生まれ変わりを促すこと。
20代では約28日かけて行われるターンオーバーも、加齢とともに新陳代謝が低下し、30代を超えると45日程度はかかる場合もあるといわれます。
今以上、肌のターンオーバーを乱さないためにも、正しいクレンジング&スキンケア方法を身につけましょう♪

おすすめクレンジング方法

肌質別おすすめのクレンジングはこちら?

乾燥肌

「刺激」が少ない「クレンジングミルク/クリーム」「石鹸」「ホホバオイルまたはオリーブオイル」

敏感肌

乾燥肌さん同様刺激が少ない「クレンジングミルク」「固形石鹸」「ホホバオイル・オリーブオイル」

オイリー肌(脂性肌)

オイリーさんでも皮脂の取り過ぎはやはり肌へのダメ―ジになりますので、「クリームタイプ」「ミルクタイプ」

混合肌

「クリームタイプのクレンジング」で様子をみましょう。
皮脂バランスを整えるクレンジングを選ぶことが重要です。
毎日きちんとクレンジングをしてから寝るのはもちろん、自宅でできるディープクレンジングや美容クリニックでの適度なピーリングを定期的に行なうことが効果的です。
ただし、顔を洗いすぎたり、角質ケアをしすぎるとターンオーバーが過度に早まってしまいます。
ターンオーバーが過度に早いと乾燥肌や敏感肌原因となりますので注意しましょう!

おすすめスキンケア方法

スキンケアのプロセスから学んで行きましょう!
クレンジング後に…
①洗顔
②化粧水
③美容液
④乳液・クリーム
ココでちょっと待った!
洗顔の後に化粧水というところまではみなさん一緒でも、その後の工程が違う!って方も少なくないんじゃないでしょうか?
まさか今更、化粧水をバシャバシャつけたから保湿も完璧!なんて思っている方いらっしゃいませんよね?
化粧水でお肌に潤いを与えたら、目的に合わせた美容液を使い、最後はきちんと蓋をしてあげましょう!

美容液と乳液の違いとは?
美容液は、肌の活性化や、美白やニキビ、乾燥、シワ、たるみ、毛穴、てかりなどの悩み改善目的に使うものです。
乳液は、油分補給と保湿です。化粧水や美容液の効果を油で閉じ込め、水分の蒸発を防いでくれる働きがあるのです。

※一般的には上記のとおりですが、化粧品会社によっては使用方法が違ってくるので、メーカーの使用方法をしっかりと確認することが大切です。

内側からキレイに♪食生活に気を遣う ~食事&サプリメント~

「お酢を飲む」(pinokioさん/28歳)

「食事の中で色の濃い野菜を積極的に食べるようにしています」(ゆっちさん/32歳)

「野菜をできるだけ摂取する」(ピグさん/28歳)

体の内側からのキレイを目指して食べ物に気を遣っているという意見。
お肌への嬉しい効果が期待できる食べ物は以下の通りです♪

ニキビ・吹き出物にお悩みの方に朗報!!

ビタミンB2が摂れるアーモンド、卵類、牛乳
ビタミンB6が摂れる卵類、緑黄色野菜、魚類
カロチン(後にビタミンAとなる)が摂れて新しい細胞の増殖を促進する大根の葉、しそ

ビタミンB2、B6は共にニキビの原因となる脂質の代謝を促し、皮脂の分泌を抑える働きがあります。
コラーゲンの生成を促すビタミンCと一緒に摂ることで、さらに効果が高まります。
乾燥肌の方に朗報!!

保湿を助けるヒアルロン酸が含まれるフカヒレ
新陳代謝を活発にする亜鉛が摂れる牡蠣、牡蠣、ほたて、卵、納豆
肌を乾燥や刺激から保護するセラミドが摂れるこんにゃく

シワやたるみでお悩みの方に朗報!!

ハリのある肌に必要な、肌を組成する素となるビタミンCが摂れる柑橘類や葉物野菜
コラーゲンやヒアルロン酸の働きを促す鉄分が摂れるカツオやひじきなどの海産物
コラーゲンを構成する役目もあるタンパク質が摂れるカツオやひじきなどの海産物

ハリ・ツヤが欲しい方に朗報!!

黒酢は体を老化させる活性酸素をやっつける力、血液さらさら効果、体脂肪をつきにくくする効果とトリプルで嬉しい。
また、コラーゲンの働きを強くするためハリやツヤがでるのです!

アンチエイジングにも効果を期待したい方に朗報!!

リンゴに含まれるポリフェノールは老化の原因の活性酸素を取り除くのでアンチエイジングに期待できます。

「シミ・ソバカス対策や、美白のために毎日ビタミン剤を飲んでいます」(ここさん/26歳)

「沢山の種類のものを飲むのはお金もかかるし、肝臓にも負担がかかるので自分に合ったサプリをのんでいます」(jojoさん/26歳)

「ビタミン剤(ハイチオールB)を飲んでいます」(まりりんさん/26歳)

食事で補いきれない栄養素をサプリメントで摂っている方もいるようですね。
美肌におすすめのサプリはこちら♪

ヒアルロン酸配合のサプリ

肌の保水、弾力に役立つヒアルロン酸は年齡と共に減少していきます。
しかもヒアルロン酸を多く含む食材はフカヒレやスッポンなど日常的に食べるものではないためサプリで補いたいものですよね。

マカ配合のサプリ

前述の通り、美容のために摂りたい鉄分、亜鉛、タンパク質が含まれるマカ。
またタンパク質を構成しているアミノ酸を含んでいることでも有名。
アミノ酸は肌や髪を潤いを与えると言われています。
皮膚細胞内の保水成分を働かせるカルシウムも含まれる嬉しいサプリです♪

ビタミン配合のサプリメント

各ビタミンはお互いに作用し相乗効果を生み出すので、総合的に摂取することがおすすめです。
そのため、まずはマルチビタミンを摂り、その上で、特に不足するビタミンがあるようであれば、個別に補うようにしましょう。

サプリメントを利用して補給するのも一つの手ですが、なるべくバランスの良い食事を心がけ栄養素をとりいれましょう!
また、使わなくてもいい添加物(増量剤、着色料、甘味料、香料、保存料など)が入っていないか十分に確認したうえでサプリメントを利用しましょう。

以上、25~34歳がやっている美肌&アンチエイジングのための3つのポイントのうち「ターンオーバーを整えるためのスキンケア」「食事&サプリメント」の2つをご紹介しました。
【後編】では残りの1つをご紹介しますのでお楽しみに?