実はスマホはバイ菌だらけ!?100円で出来る液晶画面の消毒方法!

sumaho

スマホの画面、どうしてそんなに汚いの?

スマホの液晶画面には、なんとトイレの便器の18倍もの数のバイ菌が付着しているそうです。
バイ菌は目には見えないだけに、
「そんなに不潔なの!?」
と、驚いてしまいますね…。

スマホにバイ菌が付着する理由は、スマホに触る人間の手に、たくさんのバイ菌が付いているから。
お金を触るとき、ドアノブに触るとき、電車のつり革を握るとき…などなど、ものに触れるたびに人間の手にはバイ菌が付着していきます。

とはいえ、手は頻繁に洗うことができるから、付着したバイ菌をこまめに除去することができますよね。
でもスマホは、消毒しない限りずっとバイ菌がたまり続けてしまいます!

スマホが不潔だと、スマホに触れるたびに手も汚れます。
特に、お料理をする人は要注意。 
スマホでレシピを見ながらごはんを作っていたら、食材にも雑菌が付着して、最悪の場合食中毒を引き起こすことも。
これから暑い季節に入るので、特に気をつけたいですね。

手軽なアルコール除菌でスマホをキレイに!

最も手軽にできるスマホの消毒方法は、ウエットシートやジェル・スプレーを使ったアルコール消毒です。

スマホ除菌専用のアルコールシートが販売されているので、利用してみてもいいかもしれません。
また、お手拭き用のウェットティッシュでも代用できます。
ウェットティッシュなら100均でも売っているくらい安価なので、こまめに消毒できてオススメですよ。

お出かけ先でも使えるように、コンパクトタイプのアルコールシート・ウェットティッシュを常備しておきたいですね。

除菌用のアルコールジェルやスプレーがあれば、布にアルコールを吹きつけてスマホを拭くだけでもOK!
いずれも簡単な除菌方法ですね。

一家に一台あると便利!紫外線殺菌灯で除菌

アルコールによるスマホの外装の劣化が気になる場合は、紫外線殺菌灯での除菌をオススメします。

紫外線殺菌灯とは、バイ菌やウイルスを死滅させる紫外線を照射するライトで、スマホに触れることなく除菌をしてくれるスグレモノ。
スタンドライトや電球など、いろいろなタイプがあります。
お値段は、1000円以下のから5000円代が主流です。

スマホだけでなく、アクセサリーや調理器具などの消毒にも使えるので、お家に一台あるととっても便利ですよ!

まとめ

毎日頻繁にタッチするスマホだからこそ、しっかり消毒して清潔に保ちたいですね。
これからの新しい習慣、スマホ消毒にチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。