【油断大敵】夏だって保湿が大事!冷房で乾燥した肌に正しい保湿ケア♪

summer-hositu3

 

保湿は美肌の基本とも言えるほど、スキンケアにおいては重要な役割をしています。夏でもしっかり保湿をしていますか?肌がべたつく夏は、肌が潤っていると勘違いし、保湿も疎かになりがちです。冬ほどしっかり保湿している人は少ないのではないでしょうか?

でも実は、夏も肌は冷房などで乾燥しているんですよ。皮脂が浮いているから気付かないだけなんです。夏でもしっかり保湿を行いたいところですが、やりすぎは逆効果になるので、正しい知識を持って保湿ケアを行いましょう。

保湿は夏も必要なの?

summer-hositu2

夏に肌が潤っているように見えるのは、皮脂の分泌量が活発になるからです。実際には皮脂でテカっているだけで、肌内部は乾燥していることが多い「隠れ乾燥」状態になっています。

メイク直しの際にはあぶら取り紙を使用しますが、夏はテカりが気になり、頻繁にあぶら取りをしている人もいると思います。また、洗顔もいつも以上に念入りになり、回数も増える人もいるのではないでしょうか。その上、冷房がきいた空間にいることが多い夏…。冷房は空気中の水分を吸収するので、乾燥の原因になります。

必要以上に皮脂を取る上に、冷房のきいた部屋で過ごす時間が多いと、肌はますます乾燥していきます。乾燥していることに気付かないまま、保湿を疎かにしてしまうと、紫外線などの外部刺激を受けやすく、肌老化が進んでしまいます。また、乾燥がひどくなると肌は自身を守ろうと皮脂を過剰分泌させるので、再び皮脂を取るという悪循環になります。

肌内部の乾燥を防ぐためには、夏でもしっかり保湿することが大切です。

保湿のやり方

夏でも保湿ケアは欠かせませんが、冬と同じやり方をしていると、やはりべたつきが気になります。夏には夏の保湿ケアがあるんですよ。

洗顔

夏は何度も洗顔したくなりますが、基本は朝と晩の2回にしましょう。運動後などでどうしても洗顔したいという場合は、洗顔料を使わずに水だけで洗うことがおすすめです。そうすることで皮脂の取りすぎを防ぐことができます。また、使用する洗顔料は洗浄力の強いものを避け、天然成分で作られているものを選ぶようにしましょう。

化粧水

洗顔後はたっぷりと化粧水をつけましょう。化粧水にも様々なタイプがありますが、乾燥肌の人は夏でもしっとりタイプの化粧水がおすすめです。逆に、べたつきが気になるという人はさっぱりタイプを使うと良いでしょう。化粧水を選ぶ際は、アミノ酸やセラミド、ヒアルロン酸が配合されたものを選ぶようにします。浸透力が高いかどうかもしっかりチェックして下さいね。

コットンパック

時間に余裕がある週末などは、コットンパックのケアもおすすめです。コットンに水をしっかり含ませて軽くしぼり、化粧水をたっぷりしみこませたものを数枚に裂いて顔に貼り付けます。しっとりタイプの化粧水は5分、さっぱりタイプの化粧水は1〜2分おいておきましょう。

乳液・クリーム

夏はべたつきが気になるので、乳液やクリームを使用しない人もいると思います。しかし、化粧水だけでは十分な保湿効果がなく、乳液やクリームで水分をしっかり閉じ込めた方が保湿効果は高くなります。小指の爪ほどの量を両手でのばし、顔を包み込むように馴染ませると、浸透しやすい上にべたつきも気になりません。

保湿の注意

summer-hositu

保湿は肌にとって重要なのですが、やりすぎは禁物です。コットンパックは長時間おいておいた方が良いように思いますが、必要以上に行うとコットンの水分は逃げ、肌内部の水分も奪われてしまいます。また、保湿のしすぎはニキビの原因にもなり、返って肌トラブルを招く可能性があります。外部刺激から肌を守る保湿が、逆効果にならないように注意して下さいね。

外部刺激を受けやすい夏こそしっかり保湿をして、美肌を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。