そろそろ脱チューハイ!!初心者にオススメのワインの選び方☆

wine1

ワインの似合うオシャレかっこいい大人女子になりたい!
そんなあなたのために、初心者さん向けの飲みやすいワインをご紹介します!!

今さら聞けない!ワインの選び方教えます♪

デートやパーティ、合コンなど、お酒の席にお呼ばれする機会ってたくさんありますよね!
そんな機会に備えて、美味しくてカラダにもいい、ワインを嗜んでみませんか?

ワインには赤ワインと白ワインの2種類があって、さらに産地や品種ごとの個性的なフレイバーがあります!
その中でも初心者さんに向いているのは、さわやかな飲み口のサッパリしたワインや、渋みが薄くてフルーティーな味わいの強いワインなど。
まずは飲みやすいワインからチャレンジして、大人の嗜みの一歩を踏み出してみましょう(*^_^*)!

■さっぱりさわやか!白ワインから飲んでみよう

白ワインは皮の色が白い品種のブドウから作られたワインで、赤ワインよりもさわやかで飲み口が軽いものが多いのが特徴です。
その理由は、製造の過程で皮や種を使わず、果汁のみを発酵させて作るということ。
皮や種を使わないから、渋みが少ないんですね!
白ワインにはアルコール度数が低いものが多くて、しかも林檎や桃などのフルーツによく似たフレイバーなのでカクテルの延長のような感覚で飲めちゃいます!
そして、いざお店でワインを選ぶときは、ボトルのラベルに書かれている「甘辛度」をチェックしてください!
もちろん、甘味度が高ければ高いほど甘くて飲みやすいです。
慣れてきたら、辛味の強いものに挑戦していっても良いですね!!

■味わいぶかい!赤ワインを試してみよう

赤ワインは皮の色が赤いブドウの果汁と皮と種を使って作られたワインで、しっかりとした深い味わいがあります。
渋みも強い傾向にありますが、飲み慣れてくると芳醇な香りと味わいが癖になりますよ!
赤ワインは白ワインよりもアルコール度数が高く、一般的に13度から15度程度です。
そのため、飲みやすい味わいの赤ワインはあっと言う間に酔いがまわってしまったり、2日酔いになりやすかったりするので、飲み過ぎには注意が必要ですよ!
赤ワインを選ぶときは、ラベルの「ボディ」をチェックしてください。
ボディには「ライトボディ」、「ミディアムボディ」、「フルボディ」の3種類があります。
「ボディ」とは、ワインの味わいの濃厚さを現す言葉で、ライトボディは「軽快」、ミディアムボディは「ほどよい」、フルボディは「重厚」という意味です。
初めて赤ワインを飲んでみるなら、ライトボディから始めてみるといいでしょう!

5分で出来る!ワインに合うおつまみ
タコとオリーブのピンチョス(二人分)
【材料】
・ゆでだこの足・1本(80グラム)
・スタッフドオリーブ 2個
・オリーブピクルス・種なしブラック2個
・「AJINOMOTO オリーブオイル エクストラバージン」小さじ2
・黒こしょう お好みで
★作り方
1、たこは8等分に切る。
2、たことオリーブを交互に串に刺し、たこ・スタフッドオリーブ・たこ、たこ・オリーブピクルス・たこをそれぞれ2本ずつ作る。
3、黒こしょうとオリーブオイルを書ける。
フランスパンとチーズのおつまみ(二人分)
【材料】
・フランスパン 6切れ
・とろけるチーズ 2枚
・ベーコン お好みの分だけ
・黒こしょう 小さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ1
・トマト お好みで
★作り方
1カットしたフランスパンにとろけるチーズをのせます。
2その上にカットしたベーコンをのせたら、オーブントースターで3分
3焼き上がったらオリーブオイルをかけて黒こしょうをふります。トマトもお好みでのせたらさらに美味しいです☆

?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆?☆
いかがだったでしょうか???
白ワインには食中毒の予防効果が、赤ワインには動脈硬化の予防効果があり、カラダのために良い働きをしてくれるということが分かってきました。
お酒を楽しむのと同時に健康にも気を遣えたら、ステキな大人女子力に磨きがかかりますね☆
※でも、飲み過ぎは良くありません!
適度な量の範囲で、ワインの味わいを嗜んでみてくださいね!