【美味・簡単】オイルおにぎりが美容に効果的すぎる♡

oil_onigiri2

今、美容・健康に良いと話題の「オイルおにぎり」をご存じですか?
オイルというと身体に悪そう、太りやすそうと思いがちですが、身体に良いオイルをきちんと摂取すればうれしい事だらけ。
しかも美味しく食べられるので、やってみて損はありません。そんなオイルおにぎりについて紹介したいと思います。

オイルおにぎりとは?

オイルおにぎりとは、おにぎりを作る際に好みのオイルを混ぜてにぎるだけの簡単おにぎりのこと。ただ、どんなオイルでも良いわけではなく、身体に良いオイルを混ぜる事に意味があります。
オイルを混ぜる事で美容健康効果が得られるのはもちろんですが、冷めてもかたまりにくいのも特徴です。オイルと具材を混ぜて作ることで、いつもと違ったおにぎりが楽しめながら、身体に良いという画期的なオイルおにぎり。
では、どんなオイルが身体に良いのでしょうか?

オイルおにぎりにオススメのオイル4種

oil_onigiri

オイルおにぎりにオススメのオイルは、風味があるものがベストです。
特にオススメはこの4種類!

ごま油

ご飯との親和性も高いごま油。香ばしい香りが特徴でビタミンEも含まれているため日ごろから気にかけている方も多いのでは?
公算か作用も強く、生活習慣病の下人となる活性酸素、悪玉コレステロールの増加を抑える働きが期待できます。

オリーブオイル

料理に利用する事が多く、常備されている方も多いオリーブオイル。1日4杯を目安に摂取することで、心臓病のリスクが低下する効果が期待出来ると研究結果もあります。
腸内を整える働きもあるため、お腹をすっきりさせたい方にオススメのオイル。

ココナッツオイル

大人気のココナッツオイル。体に余分な死亡がたまりにくい特徴があり、ダイエット効果が期待出来るオイルです。そして、抗酸化作用も抜群で、美容効果、アンチエイジング効果が期待出来るので、女性は積極敵に摂取していきたいオイルです。

えごま油

えごま油は、オメガ3系のオイルです。オメガ3系といえば、コレステロールや中性脂肪を下げる効果が期待出来ると有名です。また、美肌効果も期待できるため、ダイエット中の方は特に積極的にに摂取して行きたいオイルです。

オイルおにぎりのおすすめレシピ(梅・鮭・ツナ)”

梅干しのサッパリおにぎり

・ご飯 160~180g
・じゃこ 20g
・梅干し(小粒) 3粒
・白いりごま 適量
・ごま油 小さじ1
・しょうゆ 小さじ1/2

1.梅干しはタネを取り出して小さく刻む。
2.具材を全て混ぜてにぎって完成。
☆大葉を刻んで入れても美味しくしあがります。

鮭フレークのオリーブおにぎり

・ご飯 180g
・菜の花 50g
・鮭フレーク(塩鮭をほぐしても) 20g
・塩 ひとつまみ
・エキストラヴァージンオリーブオイル 大さじ1

1.菜の花を塩ゆでし、ゆであがったら冷水にとり、水気を切ってみじん切りにする。
2.ご飯に材料を加えて混ぜる。(好みで塩を混ぜて味を調える)
3.にぎって完成。好みでごまを振ってもおいしくしあがります。

ツナと枝豆のオイルおにぎり(2~3人分)

 

・白飯 500~600g
・塩昆布 5g
・ツナ缶 1缶
・枝豆 50~60g
・ごま油 小さじ2~3

1.ツナ缶は油をしっかりきる(クッキングペーパーを使うと簡単)
2.材料を合わせて、にぎれば完成

ごま油はどんな食材にも合いやすいので、ぜひ試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。