マッチアラームの口コミから特徴を調査!毎朝8時に出会いが届く

 

マッチアラームはマッチングアプリの一つですが、システムが自動で相手候補を選ぶところが画期的ですね!

 

マッチアラームって面白そうだけど実際使えると?と思っている方に、マッチアラームのメリット・デメリットを紹介します。

 

自分が利用に向いているか判断できるはずなので、ぜひ参考にしてください。

 

 

マッチアラームサクラや業者に対する対策は?安全性の確保はばっちり

 

マッチアラームはサクラに出会ったという口コミもありますが、内容をよくよく確認するとそれは業者です。

 

サクラというのは運営側が雇ってポイント消費やにぎやかしを狙うものですが、ある程度優良で有名なアプリであれば、サクラはいないことが多いです。

 

有名な出会い系アプリは特に信用を大切にしているので、サクラを雇うメリットよりもデメリットの方が圧倒的に大きいです。

 

そういう意味でもサクラがいる可能性は極めて低いですね。

 

一方で、業者に関しては少なからずいるようです。

 

これは他の出会い系アプリでも同じなのですが、外部から業者が一般ユーザーのフリをして溶け込んでいます。

 

その狙いは外部サイトへの誘導や個人情報の取得で、運営側はもちろん排除することに力を入れています。

 

システムチェックと人間による監視で悪質なユーザーのアカウントは凍結させているので、業者も運営側に見つかり次第サイトから追い出されます。

 

また、同様にマルチ商法の勧誘を行っているようなユーザーも排除されます。

 

これはサクラとも業者とも違うのですが、マルチ商法の勧誘を行うユーザーが案外どこの出会い系サイトにもいます。

 

そういった悪質なユーザーの排除にも力を入れていますよ。

 

 

マッチアラームのサクラ・業者対策は?評判から真実を調査

 

マッチアラームはコインやポイントのシステムがあるので、サクラがいるのではないかと疑われがちです。

 

もしくは、業者と混同してサクラがいると言われているケースもあるでしょう。

 

しかし、基本的にサクラはいません

 

サクラを雇うデメリットの方が大きいことは上述の通りです。

 

業者も排除しているので安心して利用できますよ。

 

男性も女性も業者に遭遇する可能性がゼロではありませんが、出会わない人の方が圧倒的に多いですし、仮に出会っても過去の人の体験談や写真から予測が付きます。

 

業者はいくつかのタイプがあるので、あらかじめ知っておくと危険を回避できますよ

 

 

マッチアラームの退会・休会は簡単!フォームに従うだけ

 

マッチアラームの退会方法は簡単で、定期券の解約というボタンから操作を進めていくだけです。

 

他のマッチングアプリ同様にすぐに退会手続きは終わりますよ。

 

ちなみに休会という制度はありません

 

これも他のマッチングアプリと同様ですが、最近のマッチングサイトは休会という制度を設けていないものがほとんどになります。

 

無料会員にしておけば休会と同じなので、特に必要性がないのです。

 

メッセージの通知などが邪魔な場合は通知しないようにする設定もあるので、無料会員で非通知にしておけば、休会と同じです。

 

これで解約の不安はないので、とりあえず無料会員から試してみるのもありです。

 

 

マッチアラームは知り合いにバレない!安心して恋活できる

 

マッチアラームを含め、最近はフェイスブック連動型のマッチングサービスが増えています。

 

そしてそういったアプリでは必ずフェイスブック経由でマッチングアプリの使用がバレるのではないかという心配が出てくるのですが、その心配はありません。

 

まずフェイスブックにマッチアラームの情報が出ることは一切ないので、フェイスブックの友達にバレる心配はありませんね。

 

またフェイスブックの友達は仮にその人もマッチアラームを使用していても、お互い表示されることがありません

 

フェイスブックと連動しているおかげで、近い人とマッチアラームで接触してしまう心配がなくなるのです。

 

フェイスブックと連動していることで、むしろバレにくくなっていると言えます。

 

ただし、マッチアラームからフェイスブックのプロフィールを見れる設定にすることも可能です。

 

フェイスブックの友達ではなくても、友達の友達など少し面識のある相手である可能性もありますよね。

 

そうすると、プロフィールを見られた結果バレる可能性はあります。

 

どうしても心配な方は、マッチアラームのユーザーにフェイスブックのページを見せない設定にすることも可能です。

 

基本的には大丈夫ですが、かなり交友関係が広い、知名度が高い、といった方は対策を取った方が良いかもしれません。

 

通常はマッチアラームはユーザー数も多く身近な人を表示しない設定になっているので、まずバレはしません。

 

 

マッチアラームの使い方を実際に使った人の状況から考察

 

マッチアラームの登録はフェイスブック必須!安全性を高める仕組

 

フェイスブックのアカウントは必須ですが、安全性が上述の通り高まりますしお互いのことを知れるようになります。

 

アプリ内の情報だけでは相手の印象を決定するのは難しく、ガチで相手を知るならフェイスブックは便利です。

 

多くの顔写真を見られる場合が多いですし、共通の趣味が見つかるかもしれません。

 

フェイスブックのネタが会話の取っ掛かりになることも多いですよ。

 

フェイスブックと連動していることによって、ルックスを含め多くの情報を知ることができるようになります。

 

 

マッチアラームの料金システムを確認!コスパはどう?

 

マッチアラームはコインと定期券によってやり取りできる仕組みを取っています。

 

まず定期券についてですが、これは月額料金のことです。

 

何ヶ月契約にするかによって月額が大きく異なりますが、一月当たり2,000円弱から3,000円弱の料金になります。

 

変動する可能性があるので詳細な記述は避けますが、他の同じようなアプリと比較すると月額は安めですね。

 

ただし、自分から相手を見つけてメッセージを送る際には別料金が掛かります

 

マッチアラームは基本的に毎朝自分と合いそうな相手が自動的に選ばれるので、その相手とのやり取りは月額料金に含まれています。

 

しかし、システムが自動で割り当てた相手ではなく自分で相手を探しに行く場合は、別途料金が掛かります

 

そのため、そもそも自分で相手を選びたい方は別のアプリを選んだ方が良いかもしれませんね。

 

マッチアラームの良いところは、あくまでもシステムが自動で相手となる人の候補を出してくれることです。

 

自分で能動的に選びたい人よりも、どちらかというと受動的に選んでもらいたい方におすすめです。

 

システムが自動で選んでくれる仕組みは、それはそれで面白いですし毎朝起きるのが少し楽しみになるかもしれませんね。

 

 

マッチアラームの有料会員と無料会員の差は歴然!本格利用には有料一択

 

マッチアラームの無料会員は見ることしかできません

 

女性会員は「好きかも」というボタンを押して相手に好意を伝えるところまでは可能ですが、男性はできません

 

無料会員で様子見したら、そのあとは有料会員としてメッセージをやり取りしていくことになりますよ。

 

とりあえず無料会員で様子見し、良さそうなら有料会員になる、という使い方がベストですね。

 

 

マッチアラームのマッチングシステムは相手を自動で探してくれる

 

マッチアラームの評価は人それぞれですが、出会えています

 

良い口コミと悪い口コミを書いている人がいますが、その決め手はやはりシステムが自動で相手を選ぶことに対してその人がどう思うかです。

 

システムは自分の年齢や地域が近い相手を自動で選びますが、特に年齢に関して不満に思う男性は多いようですね。

 

30代の男性は同じ30代ではなく20代の女性と出会いたいと考えているケースも多いです。

 

しかしマッチアラームは同年代の人を表示してくるので、結果的に需要に合わないことがあります。

 

自分の年齢に近い相手を好む人には概ね好評ですね。

 

客観的に見て相性の良い相手と、本人の希望は必ずしも一致しないので難しい問題ではあります。

 

マッチアラームはお互いに相手を表示する仕組みなので、男女ともに好印象を持ちそうな相手しか表示するのが難しいです。

 

たとえば20歳くらいの若い美女が良いと思っている40歳の男性がいたとして、お互いにそれを表示するとどうなるかということです。

 

もちろん男性側は喜びますが、女性側がアプリを退会してしまう可能性が高くなるのです。

 

もちろん年齢差があってもイケメンであったり収入が高くてモテる男性もいますが、そうでないケースも多いでしょう。

 

もちろん男女逆のパターンもあり、客観的に見て釣り合う相手でなければ一方が満足しても、一方が不快に思ってしまうのです。

 

恋愛はスペックだけで決まる問題ではありませんが、客観的なスペックがあまりにも離れている相手を表示すると、スペックの高い人がアプリを離れていくのでそれは出来ません。

 

 

マッチアラーム会員の年齢層や職業を調査!結婚相談所より若い?

 

マッチアラームの年齢層は出会い系全般で言えばすごく若いわけではありませんが、他の婚活サービスと比較すると若い層が多いです。

 

具体的には20代と30代が多いです。

 

これは長所でもあり短所でもありますが、その人が求めている年齢層によって変わってきます。

 

女性の場合は特に自分と同年代の男性を好むケースが多いので、年齢層の高い女性であれば他のアプリの方が良いかもしれません。

 

ただし、マッチアラームが絶対におすすめでないというわけではありませんよ。

 

美人であれば年齢は問わないという男性は多いですし、もちろんチャンスはあります。

 

 

マッチアラームは結局使えるアプリなの?

 

マッチアラームは結局のところ、使えるアプリではありますが最短ルートで結婚に結びつくアプリではありません

 

その理由は二つあって、まず一つ目は結婚を意識した人が比較的少ないということです。

 

マッチアラームは婚活アプリではありますが、半分は恋活アプリです。

 

そのため、みんながみんな結婚に向かって活動しているわけではないということですね。

 

次にシステムが自動で相手を割り当てることが、結婚というよりは恋活に近いシステムだということです。

 

自動で割り当てられる仕組みはたしかに楽しいのですが、恋人ならまだしも、いきなり結婚相手となるとやはり躊躇します。

 

その結果まずは相手を知ってから、という意識が他のアプリよりも強くなるということです。

 

 

マッチアラームと他の婚活アプリを比較!メリット・デメリット

 

マッチアラームをペアーズ、マッチドットコム、ゼクシィ縁結び、ユーブライド、タップル誕生と比較すると、婚活要素はライトです。

 

婚活アプリではありますが、気持ちとしては恋活のテンションで利用することがおすすめです。

 

結婚に向かってというだけでなく、まずは恋愛を楽しむ気持ちでやっていくとストレスなくうまくいくかもしれませんね。

 

気軽に利用できる点がマッチアラームのメリットですが、逆にデメリットとしては、やはり結婚相手を探すのが難しいということでしょう。

 

マッチングアラームの登録会員がそもそもそれほど結婚を意識していないこともありますが、マッチアラームは仕組み上自分で条件を入れて異性を探すのが難しいです。

 

システムで相手が表示される仕組みは面白いのですが、真剣に相手を選ぶ際には「もっと自分で探したい」と思う方も多いかもしれません。

 

 

ネット婚活はリアル婚活と比べて一長一短

 

マッチアラームのようなネット婚活は手軽に多くの相手にアプローチできますが、やはり婚活パーティーや結婚相談所と比較すると一長一短です。

 

リアルな出会いから始まる婚活は、やはり相手を目で見て肌で感じることが出来ます。

 

表面的なプロフィールはある意味ネット婚活の方がよくわかるかもしれませんが、直接話さなければわからないことは多いでしょう。

 

恋人や結婚相手と考えるとなんとなくよくわからなくなりがちですが、たとえば友達作りと考えると非常にわかりやすくなります。

 

友達になるかどうかはスペックで決めるものではありませんが、その際には必ず直接対話してみて自然に友達になっていくものでしょう。

 

結婚や恋愛は友達関係よりはスペック重視の人が増えますが、それでも話してみて相手と自分が合うかどうかを判断しますよね。

 

婚活サービスはネットかリアルかでそれぞれ一長一短なので、両方使用するか自分に合っている方を選択することになります。

 

 

 

マッチアラームは使える?口コミから徹底調査関連ページ