知らないあなたは損してる!コンシーラーの意外な使い方!

konsi-ra-

コンシーラーといえば、目元のクマやシミ、ニキビなど、気になる部分を隠すためのものだと思っていませんか?実は最近、コンシーラーを使ってメイクをおこなうことで、意外な効果を出す方法が話題になっています。

コンシーラーといえば隠すもの

konsi-ra-1

今まで、コンシーラーといえば、顔の気になる部分のカバーが多かったと思います。特に最近は美容成分が配合されたものも多く、シミやニキビをカバーするのによく利用しているかと思います。

また、忙しいと出てきてしまう目の下のクマをカバーするために利用する人も多いのではないでしょうか。

他にも、ほうれい線を消したり、唇のくすみをとるためにコンシーラーを使う事が多いかと思います。

コンシーラーでメイクをワンラックアップ!

気になる部分に使うことで、肌のトーンを整え仕上がりをバツグンによくしてくれるコンシーラーですが、実はそれ以外の使い方でもメイクのできばえをよくすることができるんです。

.ハイライト代わりのコンシーラー

目の下に大きくVマークやXマークの形にコンシーラーを塗りましょう。コレを滑らかにすることで、頬からリフトアップされたように見え、仕上がりがバツグンによくなります。

.目尻にコンシーラーでピンとした目元を

シミやシワを隠すのはもちろんですが、目尻にコンシーラーを塗ることで目元をはっきりとした仕上がりにできます。

シワやシミが目立ちやすい場所だからこそ、一塗りするのがオススメです。

.眉毛の周りにハイライト

顔の印象をきりっと作りたいときは、目と眉毛の間、眉尻、眉尻の上部にコンシーラーをつけることで、ハイライトのように使えます。

眉の形がクリアになるため、顔の印象が切りっと仕上がる小技です。

.小鼻周りに塗って鼻筋をきりっと見せる

赤みを持ちやすい小鼻周り。コンシーラーを塗ることで目立たなくさせる事ができ、さらにリフトアップ効果が期待出来ます。ただ、化粧崩れがしやすい場所なので注意が必要。丁寧に仕上げていきましょう。

コンシーラーは万能アイテム

さらに上級者となると、濃いコンシーラーと明るいコンシーラーを使い分け、ハイライトとして使用してメイクを仕上げる事もできます。

気になる部分をカバーしながら、よりよい仕上がりになるように工夫してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。