ニキビ肌こそ絶対NOファンデ!BB・CCクリームだけですっぴん風美肌になれる!?

nikibihada1

ナチュラルで癒し系な『すっぴん風美肌』になるために!!
BBクリームとCCクリームの違いから使い方のコツまで、一挙に解説しちゃいます☆

BBクリーム=傷を隠すための医療用?!

オトナ女子の天敵といえば!
ニキビ、肌荒れ、吹き出物…。
そんなにっくき肌トラブルの原因のひとつに、女性にとって当たり前である「ファンデーションを使うこと」が含まれているって知っていましたか?

とくにパフが汚かったり、ファンデを厚塗りして肌荒れを隠そうとすると、肌荒れはいつまでも治りません(´;ω;`)
肌トラブルをやっつけてもっと美肌に近づきたーい!って思っているそこのアナタ!
思い切って、ファンデを卒業しちゃいましょう!!
そこで、ファンデに代わって肌をキレイに見せてくれるのが、BBクリームとCCクリームです!
BBクリームとCCクリームはそれぞれ違う役割を持っています。
まずは両者の違いをチェックしてみましょう!

「カバー力重視」ならBBクリーム!

BBクリームは、元々は化粧品としてでなく医療用に作られたものなんです。
主に、傷跡や手術痕などを隠すために用いられていました。
「傷を隠すこと」に特化して作られたアイテムなので、化粧品として改良された現在でも優れたカバー力を持っているんです!
だから、シミやそばかす、肌の赤みが気になる人にはBBクリームがおすすめ。
気になる欠点をしっかり隠してくれます!
だから、ファンデーションを塗らなくてもしっかりとカバーしてくれるうえに厚塗り感がなく、すっぴん風の肌を演出できます。
BBクリームは日焼け止めや保湿効果があるので、基礎化粧品のあとすぐに使えてお手軽なところも魅力ですね!
クリームのテクスチャーは、濃いめ。
塗りすぎるとベタベタして重たくなってしまうので、少しずつ手に取って均等に拡げていくようにしましょう☆

「肌のトーンを明るく見せたい」ならCCクリーム!

CCクリームは、顔全体の色を補正してワントーン明るい肌に見せるためのアイテムです。
BBクリームよりも更にナチュラルに、透明感のあるすっぴん風肌に仕上がります。
カバー力はあまり高くありませんが、その分美容成分にとっても優れているのが人気の秘訣です!
塗ることでスキンケアにもなるんですね!
化粧水や美容液の成分を含んでいるので、乾燥しにくくくずれにくい!
肌への負担が少ないので、メイクをしている時間が長い人には特にオススメです。
クリームのテクスチャーはかなり軽く、みずみずしい使い心地。
指でかんたんに伸ばせるので、フェイスラインやデコルテまでくまなく塗り拡げましょう!

結論

・BBクリーム:隠したいところをしっかりカバーしたい人にオススメ!
・CCクリーム:肌を明るく見せてよりナチュラルに仕上げたい人にオススメ!
▽▲▽▲▽▲▽▲
いかがでしたか?今まであまり違いを意識していなかった方も多いんじゃないでしょうか??
その日の気分や肌のコンディションによって使い分けても良さそうですね☆
肌への負担を減らして、すっぴん風美肌を目指しちゃいましょう!!