我慢せずキレイに?食べても太りにくいカンタン夜食3選

yasyoku1

夜中にお腹が空いた!
でもこんな時間に食べたら太りそうだし罪悪感…
そんなあなたにオススメの、夜に食べても太りにくいヘルシーでおいしいレシピをご紹介♪

罪悪感なしで食べられる♪簡単夜食

夜が長い冬のこの時期、ついついお腹が空いてしまう時間がありませんか?
でも食べたら太るし我慢したい。
だけどお腹が空いてちゃ寝るのも辛くて、ついつい何か食べちゃう…
なんてこと、よくありますよね?
仕事が遅い日は食べたくても、時間が遅いと食べられない! なんてことも。
でも我慢するのはストレスの元!!
思い切って食べちゃいましょう!!
働く女性におすすめの、食べても太りにくい夜食をご紹介いたします。
ぜひこれを見て、夜の空腹とはおさらばしてください。

■簡単夜食レシピその1 マグロと水菜鍋

主な材料はスーパーの値引き商品でも賄えるマグロ!
お財布にも優しく作れる夜食なので、ぜひぜひオススメです。

【材料(2人分)】
・マグロ(刺し身用)…1さく(200g)
・豆腐…1/2丁
・水菜…1束
・長ねぎ…1本
・だし汁…5カップ
☆酒(大さじ2)
☆みりん、しょうゆ(各大さじ4)
1.マグロは1.5センチ程度の厚さにする。
  水菜とねぎはざく切りにして、豆腐は4等分にする。
2.土鍋にだし汁と☆とネギを入れて火にかける。
  煮立ったら豆腐を加えて弱火で2~3分煮る。
  マグロと水菜を加えながら、火が通ったところから食べる。

ポイントはマグロが刺し身というところ。
なので、入れるのを最後にしても、さっと火が通ればすぐに食べられちゃいます。
土鍋じゃなくて普通の鍋で作って食べるのも可能ですし、残った分は翌朝に食べるのもいいですね。
カロリーは一人分なんと277キロカロリー。
豆腐やマグロで満腹感はもちろんのこと、適度な野菜やタンパク質が取れるので胃腸を休めるにも効果的。
温かいものをゆっくり食べるのも、夜食を太らず取るためのポイントです。

■簡単夜食レシピその2 豆腐茶漬け

これは本当に簡単な豆腐茶漬け。
眠い。でもお腹すいた…明日も朝が早いのに。
そんな残業疲れの女子におすすめです。

【材料(1人前)】
・豆腐(絹ごし) 半丁
・だし汁 200cc
・醤油・塩 少々
・ネギ 適量
・梅干し お好みで
1.だし汁を火にかけ、沸騰したら弱火にして、細かく切った豆腐を加える。
2.塩と醤油で味を整える。醤油は香りづけ程度で、少なくてOKです。
3.丼に少量のご飯を入れ、だし汁と豆腐をかける。小口切りにしたネギ、梅干しを添えて完成!

凄く簡単なこのレシピ。
カロリーは一人分なんと86キロカロリー(ただしご飯の量でかわります)
冷凍庫に半膳ぐらいのご飯を冷凍しておくといつでも作れるのでオススメです。
おかゆの消化はあまり良くないので、それを助ける梅干しを一緒に取ることで消化吸収を助けてくれます。

■簡単夜食レシピその3 ホットヨーグルト

今やダイエットの新定番、ホットヨーグルト!
おすすめははちみつで作るプレーンなホットヨーグルトです。
しかし、疲れて甘いモノが食べたい。スイーツが食べたい。そんな欲求が襲ってくるときには、バナナを入れるのがおすすめです。

【材料(1人前)】
・プレーンヨーグルト 100g
・バナナ 1本
(糖質が高いので気になるかたは、りんご(半分)などもおすすめ)
1.耐熱容器にいれたヨーグルトと、一口サイズに切ったバナナを入れてレンジで1分温める。
2.なめらかになるまで混ぜて完成。

カロリーは一人分なんと、150キロカロリー程度!!
もっと甘さが欲しい場合は、はちみつを加えてレンジで熱してください。
とろっとしたバナナとヨーグルトは、ちょっとした酸味がきいて美味しいですよ。
嬉しいのは、夜ヨーグルトを食べることにより、胃腸が正常化されること。
乳酸菌が働くので、朝のお腹の調子が良くなります(^^♪
続けることで便秘解消効果も抜群なので、小腹が空いたな~という時も手軽に作れるダイエット夜食です。
※ただしバナナは糖質が多いので、食べ過ぎにはご注意を!!
果物はとりたくない。ダイエット中なのに…という方は、チアシードとはちみつで味をととのえると満腹感が得られるのでおすすめです。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
いかがでしたか?
どの食事もキチンと噛んで食べること、が何より重要になります(*^▽^*)
また、夜寝る前2~3時間前には食べ終わるのが理想とされています。
温かいものを、よく噛んで食べるのを徹底して、夜食も上手にとって太らず、むしろ体内環境をよくしていってください☆彡