脱毛中に紫外線を浴びるのは禁物?脱毛と日焼けはどういった関係がある?

ワキ、あご、背中、すね、足、腕、ヒザなどのエリアを脱毛する際に気を付けておきたいのが日焼けについてです。
日焼けをしているとクリニック・エステサロンによっては施術を断られてしまうということもあります。
これはメラニン色素などとも関係してくるものですが、脱毛期間中にはなるべく日焼けは避けておきたいところでしょう。
また、脱毛後も日焼けをしないほうがよいことも。
こうしたことについて調査しておくことは全身脱毛医療クリニックやエステサロンの料金・価格などを調べるのと同じくらい大事です。
この記事ではこうした脱毛と日焼けの関係について徹底的に解説していきましょう。

 

 

 

脱毛中に日焼けはなぜだめ?その理由や原因について徹底解説!

脱毛をしている最中に日焼けをすると脱毛に失敗してしまうことがあります。
お店によっては実際に脱毛前に日焼けをしていると施術を断られることもあります。
これは基本的には日焼けをしている状態で施術を行うと皮膚にダメージを与えることがあるためです。
例えば、脱毛の主流である光脱毛や医療レーザー脱毛はメラニン色素などに反応する光線を照射して毛根・毛穴に熱を持たせることでムダ毛を破壊していきます。
日焼けををしている肌もこのメラニン色素が豊富に存在していますから、肌が異常に熱を帯びてしまうということもあるのです。
これによりムダ毛問題が解消するどころか火傷や肌荒れなどの肌トラブルが発生することにもなりかねません。
また、照射した光エネルギーが日焼けした肌に吸収されてしまうこともあり、脱毛効果も落ちてきてしまいます。
加えて、肌も効果的に熱を帯びやすくなることから、両足・両手脱毛などの際の痛みもより高まってくるのです。
このように脱毛中に日焼けをしているとろくなことがありません。
ストレスも溜まりますから、基本的に脱毛中は日焼けは当然ダメなのです。

 

 

日焼けのメカニズム~脱毛NG都の関係係する?

屋外に出るとどうしても日焼けをしてしまうことはあります。
特に顔は日焼けしやすいものですから、時期によっては顔脱毛する際にはきをつけておきたいところ。
日焼けすると肌が黒くなりますが、皮膚が太陽光によって焼かれてメラニン色素が増えることで肌が黒くなります。
これは脱毛とも関わってくるものです。
光脱毛や医療レーザー脱毛は光線を照射して毛根に熱を帯びさせて破壊することで毛処理をします。
光脱毛や医療レーザー脱毛の光線はメラニン色素に作用しますが、メラニン色素を含んでいるのは通常は毛根や毛だけです。
しかし、日焼けをすると肌のこのメラニン色素が多くなることから、日焼けをすると脱毛が厳禁・NGになるケースが生じてくるわけです。

 

 

 

日焼けはどの程度だとだめになるのか?判断基準はお店によっても異なってくる!?

日焼けといってもその程度はかなり差があります。
ほとんど気づかないような健康的な日焼けもあれば、肌が黒色・真っ黒になってしまうなんてことも。
エステサロンやクリニックで脱毛する以上、こうした日焼けの特徴についても抑えておきたいところです。
また、日焼けがどのくらい許容されるかはエステサロンやクリニックによっても判断が大きく異なってきます。
このため、通院・通おうとするエステサロンやクリニックのカウンセリング時にこうした日焼けの程度についても聞いておきたいところでしょう。
その目安ですが、通常の肌よりも濃くなっていると施術を断られることがあります。

 

 

 

脱毛中の日焼け対策について~屋外に出る前に押さえておきたいポイント【季節別】

脱毛中に日焼けをすると問題が生じる事がわかりました。
そこで次に知っておきたいのが日焼けの対策法・対処法についてです。
日焼けの対処法は実際色々とありますが、ここでは費用対効果的にもおすすめなものについて追加して紹介しておきましょう。
例えば、季節に合わせた対処ほうとして、日焼け止めを利用するというのがあります。
日焼け止めであれば価格も安いですし、夏場でも効果的に対策していくことができます。
特に肌が弱い人は日焼けをして炎症にならないようにするためにも利用しておきたいところでしょう。
他にも、春や秋であっても日焼けをしてしまうことはあります。
このため、肌を露出させないように長袖を利用するといったように服装にも気を付けておきたいところです。
このように対策法は色々とありますが、後述するように日焼けをしていても施術をしてもらえるようなお店もあります。

 

 

脱毛当日の日焼け止めについて~日焼けしていると脱毛NG?

脱毛当日に日焼け止めを利用するのは辞めておいた方が良いでしょう。
これは日焼け止めを利用していると脱毛効果が落ちることがあるためです。
特に出力の弱いフラッシュ脱毛をする際には日焼け止めを利用していると大幅に効果が落ちることも。
こうしたこともあり、当日の日焼け対策は服装などで行っておきたいところです。

 

 

 

脱毛中なのに日焼けをしてしまった場合にできる対処法

脱毛をしているのにもかかわらず日焼けをしてしまった場合にできる対処法はいくつかあります。
まず、皮膚の乾燥を防いで肌トラブルを抑えるためにも、化粧水や保湿液を使って肌環境を整えておきたいところです。
一日二一回しか保湿していないという場合も、日焼けをした際にはまめに保湿するようにすると良いでしょう。
他にも、ビタミンCを補給することも効果があります。
ビタミンCを補給することで肌のターンオーバーもより早まり肌トラブルも軽減・半減させることができるようになるのです。
また、美白化粧品を使ってスキンケアするのも良いでしょう。
美白化粧品の中にはメラニン色素を還元する働きがあるものもありますし、肌トラブルを軽減するのにも役立ってきます。
特に浴びた紫外線量が多い場合にはこうした方法をいくつか組み合わせて対処しておきたいところでしょう。
また、日焼け状態が治っていないのに予約をしても脱毛機器によっては施術を断られることがあります。
そのため、予約は絶対にキャンセルしておくことも大事でしょう。
無理に脱毛するとより敏感肌に刺激を与えてしまい肌トラブルが悪化するなんてこともあるのです。

 

 

日焼けをしてしまったらどのくらい期間をあければ脱毛が再び出来るようになる?

日焼けをしていると脱毛できなくなることもあることについて紹介しました。
もしも日焼けを万一してしまったという際にはどのくらいの期間を空ければ良いのでしょうか。
これは個人差もありますが、日焼けは通常は2~3ヶ月程度で治ってきます。
このため、日焼け後、2~3ヶ月経てば新たに脱毛施術を受けても良いでしょう。
しかし、脱毛施術間の間がアクことにより、脱毛効果が落ちることもありますので気をつけましょう。

 

 

 

脱毛後も日焼けするのは厳禁!シミが増えることもあるらしい?

脱毛後も一定期間は日焼けをしないようにしておきたいところです。
脱毛後は肌もデリケートな状態になっていますから、日焼けをすると更に赤みややけどなどの肌トラブルが生じやすくなるためです。
何より脱毛後に日焼けするとシミが増えるのが難点でしょう。
ただでさえ脱毛をして肌が弱くなっているのに、日焼けをして肌を更に乾燥させると色素着色やシミも起こりやすくなるのです。
このため、脱毛期間中の数ヶ月の間はなるべく日焼けはしておかないようにしておきたいところでしょう。
日焼け作用を防ぐには後述するようなコツもありますのでスクロールして見てみて下さい。

 

 

 

日焼け肌でも施術大丈夫な脱毛サロンや医療クリニックについて

日焼けに気をつけていてもうっかり日焼けをしてしまうということもあるでしょう。
こうした際には絶対に脱毛は出来ないものなのでしょうか。
こうした点についてsウィンパイしている人もいるかもしれませんが、実はエステサロン・医療脱毛クリニックによっては日焼けをしても対応可能なお店があります。
こうした店舗によっては日焼け対応を売りにしているなんてお店も。
下記ではこうした日焼けにも強い脱毛サロンや医療クリニックについて解説していきましょう。

 

 

日焼けNGなサロンとOKなサロンは何がどのように違う?気になるポイントについて

日焼けをどの程度しても大丈夫なのかはエステサロンによっても変わってきます。
例えば少しでも施術する部位が日焼け状態だと全く施術してくれないということもあります。
一方、日焼けの度合い・状態が酷くても問題なく治療をしてくれるというところも。
こうした対応の違いが発生するのに驚きを感じる人もいますが、これはいろいろな理由・原因があります。
まず、日焼け状態でも施術できる脱毛器を取り入れているため、日焼け中であっても肌にダメージを与えずに施術できるというようなお店もあります。
通常の光脱毛は日焼けしていると施術するのが難しいですが、専用ジェルを用いる光脱毛機器であれば日焼けをしていても問題・トラブルなく脱オム出来るということもあるのです。
他にも、脱毛技術に優れいて日焼けをしている場合でも問題なくムダ毛処理してもらえることも。
一方、脱毛効果の高い出力が高い機器を用いていると肌トラブルを起こすことも高いため少しの日焼けでも全くダメなんてこともあります。
このように店舗によって日焼けに対する対応も異なってきますから、日焼けしている場合には日焼けでも施術できるエステサロン・クリニックを探していくと良いでしょう。

 

 

日焼け大丈夫なサロン・クリニックを厳選して紹介!

日焼けしていても利用出来るようなエステサロンやクリニックは幾つかあります。
例えば、ディオーネやストラッシュ、エステティックTBCがその良い例でしょう。
こうしたエステサロンやクリニックであれば日焼けの程度がかなりあっても脱毛をしていくことができます。

 

 

 

脱毛日焼けについてのポイント

・日焼けをしていると脱毛できないこともある 
・どの程度であれば許容されるかはクリニックやエステサロンによって基準が異なる
・日焼け対策は徹底的に行っておきたい
・日焼け対策として服装などに気をつけよう
・脱毛中にも関わらず日焼けをしてしまったらビタミンCを補給しておきたい
・脱毛当時の日焼け止めはNG
・クリニックやエステサロンによっては日焼けをしていても問題なく施術して可能なところもある
脱毛をする前には日焼けについては気を付けておきたいところでしょう。

 

 

 

脱毛する男性もけっこういる

脱毛を検討する男性もいます。
例えば、ヒゲ処理はよく検討されるものです。
ヒゲは毎日自己処理するのも大変ですし、放っておくと青ひげになってしまったり、毛もより硬くなります。
脱毛すれば毎日のひげ剃りからも解放されますから、こうした理由で脱毛する男性もいるのです。

脱毛は日焼けすると出来ない?その理由や対策法に関するコラム関連ページ