脱毛サロン通い時の自己処理の方法を知ろう

脱毛サロンへ通っているときの自己処理はシェーバーを使う

 

 

ムダ毛などの処理って本当に面倒くさいのですが、脱毛サロンへ通えばそんな面倒ともサヨナラできる!それは正解なのですが、1度や2度通ったくらいで脱毛は完了しませんので、通っている間も自己処理が必要なのです。
この自己処理はムダ毛を目立たせないようにするのと、脱毛サロンで脱毛してもらう事前処理としても必要なのです。
また肌に負担がかからないように自己処理するため、シェーバーを使用することが原則となっています。
ここではなぜ自己処理が必要なのかをその方法などともにみていくことで、脱毛サロンでの脱毛を満足できるものにしていきます。

 

 

 

そもそも脱毛サロンへ通っているのになぜ自己処理するのか

脱毛サロンで脱毛しようとしているのに、なぜ自分でムダ毛の処理をしなくてはいけないのか。
このような疑問を抱く方も多いですね。
脱毛サロンへ通う間隔はサロンによって違いますが、1~3か月あけることが一般的です。
これは詰めて通ってもムダ毛のヘアサイクル(毛周期)に合わず効率的な脱毛ができないためです。
間隔があけばその間にムダ毛は生えてきますので、ご自身で処理しなければなりません。
ただし脱毛サロンへ何度も通ううちにムダ毛が生えてくるサイクルが遅くなり、自己処理自体は楽になっていきます。
脱毛効果を実感できるようになるまでには期間がかかるのです。
またサロンへ行く3日前から前日までの間に自己処理してくださいといわれます。
脱毛サロンで使われる脱毛器は黒いものに反応するのですが、ムダ毛の毛根の黒い部分に確実に照射できるようにあらかじめ自己処理する必要があるのです。
ところが自己処理していないとムダ毛自体に反応してしまい脱毛効果が現れにくく時間がかかるばかりか、やけどや炎症などの皮膚トラブルを起こすことがあるのです。
面倒でも自己処理は必ず行いましょう。

 

 

 

脱毛サロンへ行く前の自己処理にはシェーバーを使う

自己処理するのにもっとも良い道具は電動シェーバーです。
これはサロンでも勧められますし、サロンでもシェーバーを使っています。
一般的にはカミソリで自己処理する人が多いのですが、カミソリだとムダ毛ばかりか皮膚の表面を傷つけることが多く、色素沈着によって黒っぽくなると脱毛器が使えなくなることも多いのです。
電気シェーバーは刃が直接皮膚には当りませんので、肌が傷つくことなく安全に自己処理ができるので、脱毛サロンへ行く前の処理としてはもっとも良いのです。

 

 

肌を傷めない上手なシェービングの方法

ムダ毛処理を行う場所として一般的なお風呂ですが、石鹸やボディソープとカミソリという組み合わせが多いです。
カミソリはムダ毛だけではなくお肌の表面まで傷付けています。
石鹸やボディーソープ、さらにはお風呂のお湯に至るまで実は雑菌が多く生息しています。
傷ついた表面から雑菌が入ることで様々な肌トラブルを起こしかねませんし、毛嚢炎というニキビのような炎症を起こすこともあります。
ですのでお風呂でのシェービングは避けるほうが良く、自己処理は部屋で行いましょう。
まず長い毛はハサミでカットし、蒸しタオルなどを当てて毛穴を開きます。
入浴後にお部屋で行えば蒸しタオルの必要はありません。
ムダ毛処理用のシェービングクリームやジェルを使用し、新しいカミソリで毛の生えている方向へ動かして剃ります。
もちろんカミソリではなく電気シェーバーのほうがベストです。
処理後は必ず保湿を行いお肌をいたわりましょう。

 

 

自己処理でカミソリや毛抜きを使うと施術ができないことも

脱毛サロンによっては乾燥したり炎症がある肌、傷がある肌には施術を行わないことがあります。
脱毛器の光を当てた際に肌トラブルが起こりやすいためです。
カミソリを使うとこのようなお肌の状態になりやすいので、脱毛前の自己処理でカミソリは使わないようにしましょう。
脱毛クリームはムダ毛と一緒にお肌を痛めることが多く、サロンにっては脱毛クリーム使用後3週間は施術をしない所もあるほどです。
また毛抜きを使用すると毛根まで引き抜いてしまうことで、脱毛器で照射しても反応しないので脱毛ができません。
また毛を抜くことで毛周期が狂い効果的な脱毛ができないばかりか、炎症や色素沈着を起こしたり埋没毛の原因ともなるのです。
毛抜きと同じ理由で脱毛テープの使用も控えましょう。

 

 

 

部位別に見る脱毛前の自己処理の方法

脱毛サロンへ行く前に自己処理が必要なことはお分かりいただけたでしょう。
サロンによっては剃り残しがあるなど、自己処理が不足していると施術を断ることもあります。
また背中など手が届かない場所についてはサロンで処理してくれることもあります。
その他の部位については、長い毛はハサミでカットしてからシェーバーで処理をしていきます。

 

 

自分で処理するのは難しい背中とOラインはサロン任せで

背中やOラインは自分で見れる箇所ではないので、自己処理はなかなか難しい部位です。
ミュゼプラチナムでは背中や襟足、Oラインについては無料でシェービングを行ってくれます。
キレイモでは月額プランの場合は有料で、パックプランの場合は無料でシェービングしてもらえます。
シースリーではシェーバーを持参すればシェービングを行ってくれます。
Oラインや背中シェービングについては大半のサロンで行ってくれます。
ただしサロンによって無料のところと有料のところがあるので注意しましょう。
OラインはIラインシェーバー、背中も背中用のシェーバーが市販されていますからそれを使用する方法もあります。
サロンでのカウンセリングの際に背中やOラインの自己処理について尋ねておけば安心です。

 

 

全身脱毛のときは産毛も自己処理が必要?

全身脱毛するときには産毛であっても、脱毛器で光を当て脱毛する部分はすべて自己処理する必要があります。
腕や脚、お腹などは目が届く範囲ですので自己処理は簡単ですね。
顔に生えている産毛の処理は、顔用のシェーバーがおすすめです。
カミソリはお肌を傷つける恐れがあるので使わないようにしましょう。
背中は大半のサロンでシェービングを行ってくれますが、自己処理を行っておくほうが施術時間を有効に使えますので、友達やパートナーにシェーバーで処理してもらうか背中用のシェーバーを購入して自分で処理しておきましょう。
VIラインはシェーバーを使えば自己処理しやすい箇所ですので、I字型のシェーバーで優しく処理しておきます。
Oラインはサロンでシェービングしてくれることが多いのですが、こちらもI字型のシェーバーで処理を行っておけば施術時間を有効に使えます。
サロンのカウンセリングの際に、どこまで自己処理しておけば良いのかを確認しておけば安心です。

 

 

 

VIOラインを上手に自己処理する方法をみてみよう

VIOラインのすべてを脱毛するハイジニーナ脱毛の場合は形は関係ありませんが、一般的にはVラインは好みの形に残すことが多いものです。
形と言われてもピンとこない方のほうが多いと思いますが、多数の方は逆三角形を選ぶようです。
残す部分に三角形のプレートを当てて、ほかの場所を自己処理すればいいですね。
サロンによっては逆三角形のプレートを配布するところもあるようです。
Iラインは基本的にVラインの形に合わすかすべて脱毛でしょう。
I字型のシェーバーなら自己処理しやすいです。
Oラインは鏡に映すなどしてシェーバーで処理します。

 

 

VIOラインの自己処理にあれば便利な道具をみてみよう

VIOラインを自己処理する際の便利道具としては、ハサミやシェーバーのほか手鏡や保湿クリームがあります。
長い毛はハサミでカットするのですが、デリケートゾーンですのでハサミは先が丸くなって曲がっている眉用のものなどを使います。
ハサミで短く切ってからシェーバーで処理します。
VラインやIラインをカットする目安を付けるのに水性のペンも便利です。
Oラインの処理には手鏡を前方において映し出すか、手鏡をまたぐようにして立って処理を行います。
IラインやOラインの処理が行いやすいIラインシェーバーを使えば楽に処理できます。

 

 

 

脱毛の当日に自己処理したけど問題はあるの?

何かと忙しくて自己処理ができず、サロンへ行く当日に慌てて処理を行った。
自己処理をカミソリで行う場合は肌に傷や負担が残ることは説明しましたが、この場合には前日の処理であっても施術を断られることがあります。
エステティシャンが見れば肌が乾燥していたりダメージを受けていることが分かるので、一層のダメージを負わないために断るのです。
またシェーバーでの処理も当日に行った場合は肌が赤くなるなどのダメージを受けてり、施術を断られることが大半です。
自己処理は脱毛の施術を受ける前日までに行っておきましょう。

 

 

 

脱毛サロンへ通っている間の自己処理の方法を知っておこう

脱毛サロンへ通っている間の自己処理でやってはいけないことがあります。
まずは毛抜きやブラジリアンワックス、脱毛テープなどによる処理はしてはいけません。
毛根ごと引き抜いてしまうことで肌が傷むほか、毛周期が狂ってしまうことで効果的な脱毛ができなくなるのです。
またカミソリでの処理は皮膚表面を削り取ることにつながり、皮膚のダメージがかなり大きいのです。
このためサロンでは毛抜きやカミソリの使用を控えて、シェーバーでの処理を勧めています。
埋没毛や毛嚢炎、色素沈着の心配がないため脱毛がスムーズに行えるためです。
入浴後または蒸しタオルなどで毛穴を開き、シェーバーで処理したあと保湿クリームを塗ってお肌を保護しましょう。

 

 

どのくらい脱毛サロンへ通えば自己処理は必要なくなるのか

脱毛サロンへ通い満足できる脱毛効果が出るまでの期間は、人によってかなり違います。
部位による差もありますが、自己処理が必要のない産毛程度になるまでで1年半から3年といわれています。
2カ月に1度通ったとして9回から18回となります。
産毛もないツルツルな状態となると2年半から4年で、同じく2か月に1度通った場合で15回から24回となります。
VIOラインは毛周期が長いことから、ツルツルになるまでに3年程度はかかるようです。
ただし脱毛の施術を受けるたびにムダ毛は薄くなっていきますので、徐々に自己処理自体は楽になっていきます。

 

 

 

脱毛サロンへ通う間は自己処理が重要です

ムダ毛の処理を楽にするために脱毛サロンへ通うわけですが、自身でのムダ毛処理も大切になってきます。
毛が長い状態では脱毛器の光が毛根に届かず、脱毛効果が薄れたり現れなくなることがあるのです。
このため脱毛の前日には自己処理を行う必要があります。
またカミソリは手軽ですが皮膚を傷めることが多く、脱毛の施術を断られることもあります。
毛抜きは毛根ごと抜いてしまうことから、脱毛器による脱毛ができません。
また毛根を抜くことでヘアサイクル(毛周期)が狂ってしまうことから、効果的な脱毛ができなくなります。
シェーバーによって自己処理をすることでお肌に優しく、そして脱毛の効果を高めることができるのです。

脱毛サロン通い時の自己処理の方法を知ろう関連ページ