朝のバタバタにさよなら♪快適な朝を迎えるための早起きのコツ☆

2812069

 

あなたは早起きしていますか?「早起きは三文の徳」という言葉もあるように、早起きをすることで得られるメリットがたくさんあります。今回は早起きのメリットと、なかなか早起きができないという人にもおすすめの早起きの方法を紹介します。早起きをして三文どころか、たくさん徳をしちゃいましょう。

 

早起きのメリット

日本人なら学校生活の中で「早寝、早起き、朝ご飯」と言われたことがあるでしょう。この言葉は、早く寝ることで早起きができ、朝ご飯を食べる時間も確保できるため、健康な身体作りには大切であることを意味しています。大人になっても、健康な生活を送るには早起きは基本です。

 

朝食が食べられる

一日の始まりは朝ご飯を食べることから始まります。流し込むように食べると起きたての体に負担がかかり、飲み物だけで済ますと活動的に動くことはできません。朝食を食べることで一日元気に過ごすことができますし、腸も活発に動くので便秘を予防することができます。また、噛むことで脳が活性化するので、朝から勉強や仕事にも身が入ります。

 

 時間を有効に使える

朝活が流行っていますが、早起きしてできた時間を自分の趣味や勉強、ダイエットの時間として有効に使うことができます。朝は脳が活性化するので、趣味や勉強に集中するには最適の時間です。また、朝は代謝も上がり始める時間なので、朝に運動や体操をするとダイエット効果も高まります。

 

心にゆとりができる

朝に時間がないと、朝からイライラすることも多く、注意力もなくなるので忘れ物をしたり、思わぬ事故に遭う可能性も高まります。早起きして時間があれば、心にもゆとりができるので人にも優しく接することができますし、思わぬ発見をして喜びや感動に出会えることもあるかもしれません。

 

生活のリズムが整う

早起きして日光を浴びることで、体内時計はリセットされます。そして、14~16時間後には脳からメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されます。早起きすることでスムーズに夜に寝付くことができ、生活リズムを整えることができます。

 

肌の調子がよくなる

美肌は夜、寝ている間に作られます。特に夜の22時~朝の2時の間は肌のゴールデンタイムと言われ、美肌には欠かせない成長ホルモンの分泌がピークになる時間です。例えば朝6時に起きると、夜の20~22時には眠くなるように体は作られています。早起きをして生活リズムを整えることで、ゴールデンタイムにはしっかり寝ることができ、美肌を作ることができます。

 

早起きの方法

hote86_makuragyu15234016_tp_v

早起きをするには、「決まった時間に寝る」という生活習慣をつけることです。とは言え、遅い時間に寝ても意味がないので、なるべく早く寝るようにします。いきなり2時間も3時間も早く寝ることは難しいので、1週間に30分ずつから早起きして、30分ずつ早く寝るようにしていきます。朝起きたら日光のしっかり浴びて下さいね。

 

そして、睡眠環境を整えることも大切です。テレビをつけたまま、電気を煌々とつけたままでは、自分は寝やすいと思っていても、体的には寝にくい環境なのでやめましょう。明るさを抑えた照明や眠りやすい室温、寝心地のよい寝具にしたり、お気に入りの香りを部屋に漂わせることもいいですよ。

 

よく、眠りにおちる直前までスマホをいじらないと寝られないという人もいます。スムーズな入眠へと導くために入眠儀式を持つことは良いことですが、スマホの画面から出るブルーライトは脳を興奮させるので、睡眠の妨げになります。リラックスできるストレッチをしたり、音楽を聴くなど脳や体が休まる入眠儀式を持つようにしましょう。

 

早起きは健康にいいだけでなくお金持ちになれる?!

copper-1649649_960_720

早起きは、健康や美容に良いだけでなく、お金も生み出す効果があるんですよ。お金持ちの人の共通点として、早起きを習慣としていることが挙げられます。「時は金なり」という言葉もあるように、時間はお金と同じように大切なものであり、お金持ちは時間を上手に使っています。早起きして勉強したり、トレーニングをしたり、朝一番に仕事をしてからリラックスタイムをとる人もいるようです。時間の管理が上手だからこそ、お金の管理にも長けているのでしょう。

早起きの生活習慣を身につけると、お金持ちになれる資質が養われ、もしかするとあなたもお金持ちになれるかもしれませんよ。

 

早起きは三文どころかたくさんの徳があります。皆さんもぜひ、実行してみて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。