今すぐ見直して!炭水化物抜きダイエットのデメリットと白米の重要性

kome (1)

即効性があるダイエットとして、炭水化物抜きダイエットがとっても有名になりましたよね。
確かにカロリー計算するダイエットや有酸素運動に比べたらすぐに痩せることができるけど・・・
本当に、白米を食べないで大丈夫?

キレイになるためにやってはいけないコトって?

お米は太るから食べない。っていう美意識が高い女子、最近結構見かけますよね!
そこまでじゃなくても、炭水化物抜きや糖質制限ダイエットは、1度はやったことがある女子も多いんじゃないでしょうか?
炭水化物はNGだけどそれ以外は何を食べてもOKっていうことで、とっても気軽に始められて、
しかもすぐに体重が減るからめんどくさがりの女子でも簡単にできちゃう。
そんな良いことばっかり話題になるダイエット法ですが、デメリットもあるって知ってますか?
炭水化物や白米を一切抜いた生活をしてると、こわ?い弊害があるんです。
キレイになるはずのダイエットでおブスになるなんてもったいない!
意外と知らない炭水化物抜きの危険と、お米の重要性をまとめました。

炭水化物を抜くとこんなデメリットが…!

筋肉が落ちて太りやすくなる!

炭水化物を全く取らないと、体に必要な栄養素やエネルギーが不足してきます。
炭水化物を抜いたことで、脳を動かすためのブドウ糖を作れなくなった体は、徐々に筋肉を分解してエネルギーに変えてしまいます
そうすると筋肉が落ちて基礎代謝が下がる。
基礎代謝が下がった状態で炭水化物抜きを止めると・・・
今度はみるみる脂肪になってしまい、リバウンドが待っています!
一度落ちてしまった基礎代謝はそう簡単には戻りません。
炭水化物を摂らないと、太りやすい体になってしまうんですね。

冷え性&低体温で顔色も最悪に!

炭水化物を抜くと基礎代謝や筋肉量が下がり、体温が低くなります。
低体温は、体の血行が悪い状態。
脂肪が燃えにくいだけじゃなく、新陳代謝も下がってくすみやシミの原因にも!
冷えや低体温は美容の敵!
炭水化物を抜いてから、手足が冷えやすくなったかも・・・という女子は、ちょっと注意が必要です。

脳が栄養不足で元気が出ない!

脳の栄養はブドウ糖のみ。
炭水化物を摂らないと、体の中でブドウ糖が作れなくなってしまいます。
すると脳のエネルギーが足りず、何をやってもやる気が出ない、いつも疲れる、ちょっとしたことでイラッとする、など何だか嫌?な感じの女子になっていきます。
痩せたって、そんな女子に魅力を感じる人はいませんよね。
ちゃんと脳に栄養を届けるのは、心のバランスをとるためにも大切です。

便秘で肌が荒れていく!

お米の中には食物繊維の働きをする成分がたっぷり含まれています。
そしてお米の水分は腸までしっかり届きます。
今まできちんと摂れていた食物繊維と水分が不足すれば当然便秘になりますよね。
便秘は誰もが知る、美容の大敵。
ニキビや肌荒れの原因の1つです。
「お肌は腸の鏡」と言われるくらい大切な腸内環境、炭水化物抜きで荒らしていませんか?

体臭がクサくなる!?

炭水化物を抜くと、血液の中のケトン体という物質が増えます。
このケトン体には独特の嫌なニオイがあり、息や汗、皮脂に混ざって体から臭ってくるんですよ!
体がクサくなるって、太ってるより嫌かも・・・
キレイになりたくてダイエットを始めても、これじゃ本末転倒ですよね。

白米は敵じゃない!美容・健康効果がたくさん♪

白米はここ最近では美容の敵!太る元!と敬遠されてきていますが、お米には嬉しい効果がたくさんあるんですよ。
白米って美味しいし、食べたいじゃないですか。
美容効果たっぷりって知ったら、今日から白米を見る目も変わるかも♪

代謝が上がって痩せやすくなる?

カロリーが高い=太るは少し違います。
白米は代謝を上げて、脂肪が燃えるための燃料にもなってくれます。
どんどん筋肉が落ちていっては全然美しくない!
お米を食べて脂肪を燃やし、健康美を目指しましょう♪

パントテン酸で元気な素肌に?

ビタミンB群の1つパントテン酸は、お肌や粘膜を健康に保つ効果があります。
白いご飯が大好きっていう女子は、潤ったツヤ肌が多くないですか?
それは、毎食自然と摂っているパントテン酸やビタミン類がお肌にしっかり効いているからです!
実はこれ、アトピーの治療や火傷跡、更には育毛にまで使われているスゴイ成分。
ビタミンCの働きも助けるので、ニキビや肌荒れが気になる時にも良いですね♪

食べすぎ予防に効果的?

白米は血糖値が上がりやすいので敬遠されがちですが、逆に、すぐに満腹感が得られるということでもあります。
同じ量のおかずを食べるのに比べても腹持ちも良いため、食べすぎ予防になるんです。

甘いものをとりすぎなくなる?

白米で適度に糖質を摂っていると、どうしても甘いものが食べたい!という欲求が起こらなくなっていきます。
欲求は栄養が足りてないよーという体からのサイン。
ご飯を食べるのを我慢して我慢して、結局甘いものに手を出してしまうより、しっかり栄養も取れる白米を食べた方が良いですよね。

炭水化物制限ダイエットをやる際の注意点

炭水化物抜きは美容には良くないことばかり。
そんなことを紹介しましたが、美容によくないのは炭水化物「抜き」です!
この2つ、似ているようで全然違うダイエット法。
完全に抜くのはリバウンドや汚肌の危険があるけれど、炭水化物「制限」は、正しくすればきちんと効果が出るんです。
炭水化物制限ダイエットのコツはこの3つ!

~1日に食べる白米の量を知る!~
1日に体に必要な糖質の量は、約100g。
これを食事に置き換えると、大体お茶碗で軽く2杯ぐらいの量でまかなえます。
つまり、ごはん2杯は食べてもOK!
これを下回ってしまうと、炭水化物抜きのデメリットが出てしまうので注意してくださいね。
~白米を1食抜くなら夜!~
お茶碗2杯分の量を3食に分けて食べても良いですが、1食白米を抜くなら夜が効果的。
夜はこれから寝るだけなので、体もそんなにエネルギーを必要としません。
他のおかずはもちろんたっぷり食べてOK。
夜だけ炭水化物を抜いても、ちゃんと1日に必要な分は摂れているのでキレイに痩せることができますよ。
~食物繊維は意識して摂って!~
炭水化物を控えると、どうしても便秘がちになってしまいます。
便秘だと肌も荒れてしまうので、キレイなカラダ作りのためには絶対避けたいですよね。
水溶性の食物繊維の海藻やひじき、不溶性の食物繊維のキノコやごぼうなどは、積極的に食べて、きちんと出すことを心がけましょう。

炭水化物を完全に抜くダイエットは、思ったよりも危険がいっぱいなんですね。
でも炭水化物「制限」ダイエットは、正しく行えばとっても効果がある方法です。
ダイエットは痩せることよりもキレイになることが目的なのに、体重計の数字で一喜一憂していては疲れるだけ。
自分の理想に近づくためには、長い目で見ていくことが大切です。
白米は、美味しいだけじゃなくて嬉しい効果や魅力もいっぱい。
白米は敵!って決めていたらもったいない。
美容効果もしっかり受けながら、健康的にダイエットしていきましょうね♪