増毛3社どこがいい?アデランスと同業2社の徹底比較

増毛でおすすめなのはどの会社?

「髪型がキマらない」「髪の分け目が目立つ」「ハゲができてしまった」などとお悩みではありませんか?薄毛の悩みは人それぞれです。
カツラはバレるのが不安だし、一度被ったらずっと外せなくなりそうな気がしますよね。
そんな時には増毛を試してみてはいかがでしょうか。
増毛なら風が吹いてもスポーツをしても、汗をかいたらシャワーだってシャンプーだって平気でできてしまいます。
増毛といえば思い浮かぶのがあの会社、アデランスですよね。
それにアートネーチャーやスヴェンソンという会社もよく知られている会社です。
この増毛大手3社の違いはどんなところになるのでしょうか?

 

バイタルEX(エクス)の増毛体験は9万円お得!
通常、1,500本を増毛するとなると約10万円かかりますから、割引を利用し、1万円以内で1,000本の増毛を体験できるというのは増毛後のイメージを掴むのに大変有効です。
  • 増毛120本無料
  • 1,000本 10,000円で増毛可能

【無料体験で見るべきポイント】

  • 生活するうえで不便な点はないか
  • 使い続けていきたいと思えるか
  • 見た目が不自然に感じないか

アデランスの増毛体験を申込む

 

 

 

増毛でおなじみの大手3社を徹底比較してみた

まずは大手3社の特徴をチェックしてみましょう。
増毛を検討するにあたって比較したいポイントは店舗数や口コミ、お試し体験、それに実際にかかる料金ではないでしょうか。
ここでは増毛の大手であるアデランス、アートネイチャー、スヴェンソンのうち、どの会社で増毛するのがおすすめなのか徹底的に調査してみました。

 

アデランスはどんな会社か徹底リサーチ

株式会社アデランス(Aderans Company Limited)
・本社所在地:東京都新宿区荒木町13番地4 住友不動産四谷ビル6階・7階
・設立:1969年3月
・店舗数:全国の直営店は150か所以上
・特徴:洋かつら販売会社からウィッグ卸会社へ。
以降さまざまな毛髪関連会社を子会社化し増毛商品も展開、今に至る。

 

・口コミや評判:高評価の口コミとしては「自毛に近い品質の人口毛が選べる」「オーダーメイド増毛により自分にぴったりの増毛ができる」などがあります。
低評価の口コミとしては「料金が高めである」「増毛しても継続的に通わないと維持できない」「結局最後にはかつらを勧められる」などの感想も見受けられます。

 

・増毛お試し体験:『無料ヘアチェック』毛髪診断士が毛髪や頭皮の状態を確認しアドバイスをくれる。
『バイタルEX マイクロリターン』無料体験では自毛を生かし気になるところだけを部分的に増やす増毛法が無料で体験できる。
また同プランのお得な増毛体験1,000本9,600円(税込)コースが一人につき一回利用可能。
『ヘアシーダ無料体験』1本1本を太くボリュームのある毛髪にする希少な天然成分セリシンを使用した育毛サービスが無料で体験できる。

 

『へアリプロ12,960円(税込)体験』ナローバンドLED照射や頭皮の汚れを落とすジェット水流洗浄などの育毛効果を高めるスカルプケアプログラムが体験できる。

 

アートネイチャーはどんな会社か徹底リサーチ

株式会社アートネイチャー(ARTNATURE INC.)
・創業:1965年4月・設立:1967年6月
・本社所在地:東京都渋谷区代々木3-40-7
・店舗数:全国の直営店は190か所
・特徴:元々はウィッグメーカーであったが増毛や女性向け商品を展開し総合毛髪企業へ。

 

・口コミや評判:高評価の口コミとしては「自然な増毛ができる」「増毛はかつらと違ってシャンプーやドライヤーもできるので嬉しい」「蒸れたりずれたりしないので快適、日常生活で困ることがない」などがある。
低評価の口コミとしては「料金が高額なので医院や病院で薄毛治療を受ける方が良い」「カウンセリングを受けないと実際の料金が分からない」などの感想がある。

 

・増毛お試し体験:『無料ヘアチェック』毛髪診断士によるカウンセリング→頭皮と頭髪の診断→一人一人に合ったアプローチ方法をアドバイス。
アートネイチャーの利用が初めての方に限り『マープ増毛100本無料増毛体験』または『1,000本増毛10,000円(税別)』が利用可能。
カウンセリング→自毛1本1本に人工毛を結びつける増毛を体験できる。
『ヘア・フォーライフ無料お試し体験』カウンセリング→ヘアチェック→最適なプランの提案→その場で実際に試着ができ髪型の調整や取り扱いの説明もしてくれます。
最大1か月の無料体感期間あり。
『育毛トライアルコース4,630円(税別)』カウンセリング→季節に合わせた薄毛対策のスカルプケア→より効果的なスカルプケアのためのホームケアアドバイスなど。
新商品のV50についても初回限定で『500本無料増毛体験』が利用可能。

 

スヴェンソンはどんな会社か徹底リサーチ

株式会社スヴェンソン(SVENSON CO., LTD.)
・本社所在地:東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル5階
・設立:1984年2月
・店舗数:全国に69店舗
・特徴:元々はドイツ企業の日本法人として設立された。
男性用かつらや増毛だけでなく女性用の医療ウィッグにも重点を置く会社である。

 

・口コミや評判:高評価の口コミとしては「自毛のようで快適」「自然な仕上がりに満足」「自髪に編み込んでいるので外れる心配がない」などがあります。
低評価の口コミとしては「増毛の初期費用は安いがメンテナンス料金がかかる」「一度増毛したら定期的に通わなければいけない」「自分で外すことができないから少なくとも月イチで通う必要がある」などの感想があります。

 

・増毛お試し体験:『編み込み体験コース(無料)』所要時間数分。
スヴェンソンの特許技術である編み込みを体験。
『増毛体験コース(無料)』所要時間約90分。
実際の製品を編み込みで装着、増毛後を実感できます。
『お試し増毛コース(無料)』所要時間約180分。
スヴェンソン式増毛法である編み込み式の体験。
製品を装着したままの帰宅が可能。
最大2週間、普段通りの生活をして確かめられる。

 

 

増毛3社の料金を比較した結果安いのはどの会社?

アデランス、アートネイチャー、スヴェンソンのおおよその料金は以下のようになります。

 

【アデランス】プランにより違いはありますが、1本増毛するのにかかる料金は86円前後。
定額制プランの場合初期費用なし、初年度年額171,720円(税込)~、メンテナンス費用なし。
※メンテナンス時の自髪のシャンプー・カットは別料金です。

 

【アートネイチャー】どのプランの料金も公式HP上に料金の記載はありませんでした。

 

【スヴェンソン】ユニット購入の場合、1本増毛するのにかかる料金は50~100円程度。
定額制プランの場合初期費用50,000円~、月額9,400円~、メンテナンス費用4,000円~。
※メンテナンス費用に自毛のシャンプー・カット料金が含まれています 。

 

3社の料金を比較したいところですが、アートネイチャーの料金はHP上に記載がないので比較対象から外します。
アデランスとスヴェンソンはHP上にしっかりと料金表示がありましたのでこの2社を比較してみましょう。
1本増毛するのにかかる金額はアデランスが86円前後、スヴェンソンが50~100円程度としており、最低料金ではスヴェンソンが安いといって良いのではないでしょうか。
定額制サービスの場合は両社の増毛プランが全く違うことから比較が難しいので最低料金で見ていきましょう。
1年でトータルした場合に増毛の価格が安いのはダントツでアデランスです。
アデランスは初期費用なしで初年度年額が171,720円(税込)~であり、自髪シャンプー・カット以外に別料金はかかりません。
スヴェンソンは初期費用が最低でも50,000円、継続費用12,000円/月、メンテナンス費用12,000円 (月1回程度)がかかるため、トータルすると50,000+(12,000+12,000)×12=338,000円となります。
また初期費用の要らない次年度からも毎年288,000円がかかります。

 

アデランスの増毛プランと実際の費用

アデランスの増毛プランの特徴と、プラン別の費用は以下のようになります。

 

・ヘアチェック:無料
・バイタルEXネオ
特徴:自毛のような品質の人工毛髪バイタルヘアを使用する増毛
料金:1パッケージ1,500本129,600円(税込)~
・バイタルEXマイクロリターン
特徴:1時間に約2,500本のハイスピードで増やすことができ、伸びたら元に戻すことができる増毛
料金:1シート3,000本138,000円(税込)~
・HairPlus PINPOINT CHARGE
特徴:1本1本の髪に結びつける従来の増毛法とは違い自毛が少ない部分にも増毛が可能
料金:1シート6,000本75,600円(税込)~
・ヘアパーフェクト レジェンド
特徴:細かいネットに人口毛を結び、その上により微細なネットを重ね植えた毛を網目から引き抜く技法(インビジブル植毛)
料金:相談の上見積もり、HP上に料金の記載なし
・ヘアプラス トライ
特徴:「自然さ」「軽さ」「装着感」にこだわった自髪感覚の増毛体験
料金:相談の上見積もり、HP上に料金の記載なし

・アデランス FREEDOM(年会費制)
特徴:1本1本の髪に結びつける増毛(バイタルEX、PINPOINTなど)や、脱着式のウィッグとは違うタイプの増毛
料金:入会金無し、初年度\187,920(税込)~、2年目以降\168,480(税込)~、現金一括か分割払い(3回、6回、10回、12回)から選べる
・アデランス ヘアクラブ(年会費制)
特徴:入会金なし、常にベストコンディションで高品質な増毛やかつらを利用できる
料金:初年度年額171,720円(税込)~、2年目以降166,320円

 

アートネイチャーの増毛プランと実際の費用

アートネイチャーの増毛プランの特徴と、プラン別の費用は以下のようになります。

 

・ヘアチェック:無料
・V50
特徴:欲しいところに好きなだけ増毛できる新技術、生え際やつむじを起点に自分だけの毛流れを再現
料金:相談の上見積もり、HP上に料金の記載なし
・4Da
特徴:髪が段階的に増える、生え際まで髪で増やす、髪を用いた新技術
料金相談の上見積もり、HP上に料金の記載なし
・ミクロポイント増毛法
特徴:少ない量でしっかりと自毛になじみボリュームアップが可能
料金:相談の上見積もり、HP上に料金の記載なし
・4DM
特徴:「地肌」が透けて見える部分の髪の密度を増やす、自毛を生かして段階的に髪の密度を増やす
料金:相談の上見積もり、HP上に料金の記載なし
※アートネイチャーのHP上には実際かかる金額は表示されていません。
トライアル以外の実際の料金はカウンセリング時に相談の上で見積もられます。

 

スヴェンソンの増毛プランと実際の費用

スヴェンソンの増毛プランの特徴と、プラン別の費用は以下のようになります。

 

・無料相談可能
【ユニット購入】マイヘアプラス(メッシュスタイル/ネットスタイル/ラインスタイル)
特徴:自分の髪に毛髪をジョイントさせる増毛法、スヴェンソン独自の技術により人工毛と人毛をミックスしたジョイントが可能に。
人口毛の再利用可能でお財布に優しい。

 

料金(税別) :『基本料金』20,000円=100ユニット(200~400本)※施術料込み。
『マイヘアプラス10』1,000ユニット(2,000~4,000本)160,000円、マイヘアプラス施術料金100ユニットあたり2,000円、自毛のカット4,000円、リユース1回の施術6,000円。
『マイヘアプラス25』2,500ユニット(5,000~10,000本)350,000円、マイヘアプラス施術料金100ユニットあたり2,000円、自毛のカット4,000円、リユース1回の施術6,000円。

 

【定額制サービス(メッシュ/ネット/ライン)】月契約や年契約、増毛方法によって価格が変わります。

 

料金(税別):『マンスリー14(着脱式)』初期費用100,000円、継続費用14,000円/月、メンテナンス費用4,000円 ※約月1回程度。
『マンスリー20(編み込み式)』初期費用100,000円、継続費用20,000円/月、メンテナンス費12,000円 ※約月1回程度。
『フルサポートプラン(編み込み式/着脱式)』初期費用100,000円、継続費用250,000円/年(年間契約)、メンテナンス費用は編み込み式増毛法の場合12,000円※約月1回程度/着脱式の場合4,000円/編み込み・着脱どちらも回数券利用で割安になる。

 

【定額制ヘアラインプレミア】月契約や年契約、増毛方法によって価格が変わります。

 

特徴:増毛製品を1ミリ単位で仕上げる精巧さがなし得る360°の自信。

 

料金:『マンスリープレミア(編み込み式/着脱式)』初期費用100,000円、継続費用42,000円/月(1か月契約)、メンテナンス費用は編み込み式増毛法の場合12,000円※約月1回程度/着脱式の場合4,000円/編み込み・着脱どちらも回数券利用で割安になる。
『フルサポートプラン(編み込み式/着脱式)』初期費用100,000円、継続費用475,000円/年(年間契約)、メンテナンス費用は編み込み式増毛法の場合12,000円(税別)※約月1回程度/着脱式の場合4,000円/どちらも回数券利用で割安になる。

 

・ラインスタイル(イージー)
料金:『マンスリー9(着脱式)』初期費用50,000円、継続費用9,400円/月、メンテナンス費用4,000円 ※約月1回程度。
『マンスリー12(編み込み式)』初期費用50,000円、継続費用12,000円/月、メンテナンス費用12,000円 ※約月1回程度。

 

 

育毛やかつらと比較した増毛のメリットデメリット

自毛が生えるよう頭皮ケアをする育毛と、脱着可能なかつらやウィッグ。
この2つと比較した場合の増毛のメリットやデメリットを見ていきましょう。
育毛は自毛が増やせるという、薄毛で悩む人にとって最高のメリットがありますが、デメリットとしては必ず自毛が生えてくるという保証が無いことが挙げられます。
かつらのメリットは脱着可能なことですが、デメリットとしてはずれる心配があることや装着したままの水泳やシャンプーなどが難しいことが挙げられます。
またピンやホックなどを使ったかつらの場合は他人に頭を触られるとばれてしまう心配があります。
長く被っているとれなどで頭皮に良くない可能性もあります。
では増毛の場合はどうでしょう。
増毛のメリットは水泳やシャンプーも可能であることと、人に気付かれにくい、ずれる心配がないことです。
自毛を生かした増毛の場合は生え際やつむじ、分け目も自然に見えることも挙げられます。
ですが増毛にもデメリットはあり、少なくとも月に一度はメンテナンスに行く必要があることが挙げられます。
ですが増毛をしていなくても理髪店や美容院に月一回程度行くと考えれば大したことではないかも知れません。

 

 

増毛をした後の日常生活での注意点は?

「増毛はカツラと違ってずれないから何をしても大丈夫」というわけではありません。
では増毛を施してもらった後はどのようなことに気をつければいいのでしょうか。
ここでは増毛後の日常生活での注意点を見ていきましょう。

 

・結毛式増毛や編み込み式増毛(自毛利用あり):自毛に人口毛を結びつけたり編み込んでいる場合はシャンプーや育毛剤は問題なくできます。
ですが人口毛にヘアアイロンはあてないようにしましょう。
また最低でも月に一度は増毛サロンでのメンテナンスが必要になります。

 

・貼りつけ式増毛(自毛利用なし):シャンプーや育毛剤は増毛サロンに確認してから使用しましょう。
やはり人口毛にヘアアイロンは向きません。
また増毛サロンに定期的に通いシートの貼り換えや頭皮洗浄を欠かさないようにする必要があります。

 

・ウィッグ増毛(自毛利用なし):脱着が可能なものなら自宅では外してシャンプーすることができますし、育毛剤の使用も可能です。
人口毛のウィッグの場合はやはりヘアアイロンの使用は避けておきましょう。
伸びた自毛のカットは理髪店や美容院、増毛サロンなど、どこでも可能となります。

 

 

アデランスと増毛各社の比較まとめ

増毛大手のアデランスとアートネイチャー、スヴェンソンの特徴や料金を紹介いたしました。
アートネイチャーの料金はHP上で確認ず、アデランスとスヴェンソンだけの料金比較となりました。
最低料金だけを見るとアデランスの年会費制プラン『ヘアクラブ』が最安であることが分かりました。
技術は日々進歩しており、自毛のない部分にも増毛が可能になっています。
この比較が薄毛やハゲなどのAGA(男性型脱毛症)症状でお悩みの方の参考になれば幸いです。

 

 

増毛3社どこがいい?アデランスと同業2社の徹底比較関連ページ