増毛の必要本数は何本?本数別の増毛イメージと費用一覧【画像あり】

ハゲを隠すにはどのくらい増毛しないといけない?

増毛を考えている方が気にされるのは、いったい何本増毛すれば気になる部分を隠せるのかということです。

 

増毛の費用は、増やす人工毛の本数にしたがって高額となります。
効果と費用の兼ね合いを、どこで付ければよいのかが問題ですね。

 

この記事では、薄毛対策に必要な増毛本数や費用について詳細に解説しています。
増毛をお考えの方に役立つ内容ですので、どうぞご覧ください。

 

 

 

増毛本数は部位によって変化する

増毛は本数によって値段が変わってくるため、どのくらいの本数の増毛が必要なのかを事前に把握しておきたいものです。
増毛に必要な本数は、増毛したい部位によって決まります。

 

増毛本数の目安としては、生え際をピンポイントでカバーしたいなら1,500本から、前頭部から頭頂部にかけて進行した薄毛をカバーするには3,000本から、頭頂部の薄毛には4,000本程度が必要となります。

 

3,000本を増毛したあとのイメージ

平均的な髪の毛の本数は約10万本です。

 

薄毛と言われる状態は、抜け落ちる本数が増えていることに加えて目立つ部位が薄くなっていることが原因です。
目立つ部位としては、生え際が後退したM字ハゲや頭頂部です。

 

これらの部位は男性に特徴的な薄毛箇所といえます。

 

【前髪から頭頂部にかけての薄毛】

 

増毛によって薄毛をカバーするのであれば少ない場合では1,500本、多くても6,000本くらいが目安になります。

 

3,000本を増毛したイメージがこちらです!

 

【3,000本を増毛したイメージ】

 

「1,500本だとどのくらい?」
「6,000本ではどう変わるの?」
そんな疑問は、アデランスの公式サイトで解決しましょう。

 

増毛前の状態から1,500本、3,000本、6,000本と増やしていったイメージ画像を確認することができるのです。

⇒本数ごとの変化を確認する

 

増毛に必要な費用は本数で決まる!

増毛に必要な費用は、増毛する人工毛の本数が増えるにしたがって増加してゆきます。
アデランスのバイタルEXマイクロリターンを例に見てみると、3,000本の増毛で138,000円となっています。

 

また、使用する人工毛の種類や施術方法によっても増毛の価格は変動しますが、個人差が大きくなるため料金を一律に明示することができません。
具体的な金額については、無料相談を利用することで個別に見積もってもらうことができます。

 

メンテナンス費用はどのくらい必要なの?

増毛後に必要となる定期的なメンテナンスでも費用が発生します。
増毛後、自毛が伸びてゆくにつれて人工毛の取り付け部位に違和感が生じます。

 

結び目が浮き上がったり、土台が地肌から離れたりするほか、自毛が抜けた部位の毛密度がまばらになるなど、増毛直後の理想的なヘアスタイルを維持できなくなってしまうのです。
サロンでのメンテナンスは、浮いてしまった人工毛を引き下げたり、まばらになった部分に人工毛を追加したりといった処置を行います。

 

貼り付け式の増毛の場合は、接着剤の取り替えや増毛製品のクリーニングおよび取り替えなどが行われます。
その他、ヘアカットやセットなど理髪店と同様の施術も受けられます。

 

増毛のメンテナンス費用については、増毛製品や増毛本数などによって細かく変動します。

 

おおよその目安としては、人工毛1本あたり約4円で250本につき1,000円かかるため、バイタルEX NEOで1,500本増毛した場合にはメンテナンス費用は月額で約6,000円です。
なお、メンテナンスの頻度は1ヶ月に1回程度必要となります。

 

 

メンテナンスではいつも同じ本数を増毛するの?

増毛後は、自毛が抜けてしまった部分への追加増毛をします。
増毛する本数は、毛髪の現状を見ながら行われるため、毎回同じ本数を増毛するとは限りません。

 

また、ヘアスタイルを変えた場合なども増毛本数が変わってくるものです。
増毛する人工毛の本数は、臨機応変に考えるとよいでしょう。

 

 

薄毛の3大対策 植毛・育毛・増毛の違いを解説!

薄毛対策としては、今回紹介している増毛の他に、植毛と育毛があげられます。
それぞれのメリットとデメリットについて解説しましょう。

  • 植毛

    外科手術によって、薄毛の箇所に自毛を移植するものです。
    薄毛を根本的に解消できる方法ですが、植毛後も薄毛は進行するため、ヘアケアや投薬治療を続ける必要があります。
    また、健康保険の適応外となるため治療費は高額です。

  •  

  • 育毛

    プロペシアやザガーロ、フィナステリドなどの内服薬や、ミノキシジルの外用薬を使用して発毛や育毛を促進する方法です。
    効果が現れるまでに半年から1年程度の期間が必要で、発毛後も継続して治療を続けなければ効果を持続することができません。
    また、薬品に対する副作用や過敏症がある場合には、治療を受けられないこともあります。

  •  

  • 増毛

    人工的に作られた毛髪を取り付けることで、髪の見た目を増やす方法です。
    施術後すぐに効果が実感でき、手術や投薬のような人体への負担や副作用の心配はありません。
    実際に自分の髪が増えるわけではなく、あくまで見た目だけの変化となる増毛ですが、薄毛のコンプレックスを素早く解消できるものです。

 

増毛とかつらはハゲ隠しにはどちらの方が良い?

手術が必要な植毛や、効果が表れるまでに時間が掛かる育毛ではなく、増毛を薄毛対策として選択した場合、大きく分けて、増毛とかつらの2つの施術法を選択できます。

 

それぞれにメリット・デメリットがあり、必要な費用やメンテナンス、装着感、日常生活などにも違いがあるものです。

 

薄毛対策やハゲ隠しにどちらの方が適しているかは、使用する人の薄毛の状態や希望する髪型、ライフスタイルなどによって決まります。
装着感や日常生活における注意などは、技術の進歩によって大きく改善され、付けていることを忘れてしまうほどの使用感や見た目が実現されています。

 

増毛においては自毛と見紛うほどの毛流れで、分け目やつむじでその完成度が実感できます。
かつらは生え際の自然さが際立っており、オールバックやショートカットにも対応できるクオリティーの高さです。
一般的には自毛が残っている場合には増毛、ハゲてしまっている場合にはかつらを選択することが多いようです。

 

 

あなたに最適な増毛の本数は?

薄毛の悩みを解消するために必要な増毛本数は、薄毛の部位や進行状態、希望するボリュームなどで変わってきます。
何本増毛すればどのくらいの効果が実感できるのかは、実際に増毛してみるのが一番です。

 

増毛製品を販売している各ブランドからは、それぞれの無料増毛体験サービスが提供されています。
増毛に必要なトータルな費用について確認できたり、頭皮ケアなどのカウンセリングを受けたりすることもできるので、一度試しに利用してみられてはいかがでしょうか。

増毛の必要本数は何本?本数別の増毛イメージと費用一覧【画像あり】関連ページ