非公開のアートネイチャーの増毛価格はいくら?維持費と年間コスト

アートネイチャーを利用したときの値段はどれくらい?

アートネイチャーは薄毛に悩む男性や女性をターゲットに増毛、育毛、かつら販売などを行なっている会社です。
薄毛に悩んでいる人なら、一度はアートネイチャーの存在に興味を持ったことがあるのではないでしょうか。
アートネイチャーはオーダーメイドウィッグの作成から頭皮ケアまで、個々の悩みに応じたアイテムや育毛コースを細かく選べることがポイント。
たとえばアートネイチャーの増毛コースは生え際まで髪を増やせる「4dα(フォーディーアルファ)」や、つむじを起点に毛流れを表現出来る「V50」など、ピンポイントで増毛できるコースが豊富です。
そんなアートネイチャーのコース別の特徴や料金の違いについて解説していきます。

 

 

 

アートネイチャーの増毛や育毛の違いとは

アートネイチャーの増毛法と育毛法の違いを解説します。
増毛法とは、1本の毛に複数の人工毛を結び付け髪をボリュームアップさせる方法のことです。
一方、育毛法は頭皮の血行を促したり毛穴に詰まった汚れを取り除いたりして健康的な髪が育つ手助けを行なうことを指します。
増毛が人工的に髪を増やせることに対し、育毛や発毛は健康な地毛の維持とヘアサイクルを正常化するための方法であることが大きな違いです。
今ある髪を減らしたくないなら育毛コースを選択することがおすすめです。
増毛は育毛とは違い、髪を育てる期間が必要がないため施術を受ければすぐに髪のボリュームを増やせます。
たとえばアートネイチャーの増毛は独自の技術を用いて、少ない量でも地毛になじみやすい材質を使用し効果的に髪を増やせる「マープライブ」では、より自然なボリューム感を演出できます。
また増毛法や育毛の他、ウィッグやかつらなども個々の薄毛の状態に合わせて豊富な取り扱いがあります。

 

 

アートネイチャーは増毛コースが充実!料金の目安

髪の悩みは千差万別です。
薄毛の理由や髪質は個々によって違うため、どんな材質の人工毛を使いどれくらい増やすかには個人差が大きいです。
そのため、どれくらいの料金をかければ髪を増やせると一概に言い切れない面があります。
総額がいくらになるかは無料増毛体験に行きカウンセリング担当者の意見をきくことが必要です。
それでもカウンセリングへ行く前にある程度の目安は知っておきたいですよね。
アートネイチャーの増毛やウィッグにかかるコース別の特徴や料金を解説します。

 

アートネイチャーの4dα施術の流れや料金

4dαはこれまで施術が難しかった地肌が透けて見える生え際の部分まで増毛できる方法です。
生え際の印象は髪型を大きく変えます。
4dαはボリュームを段階的に増やしたり個々の髪の状態に合わせて自由に増毛することが可能です。
事前にカウンセリングとヘアチェックを行ない、なりたい髪型の希望をヒアリングしてから最適なプランを提案してもらえます。
増毛の手順を簡単に説明すると、人工毛を自毛に1本づつ結び付けて増やしていきます。
4dαは増やしたい部分を自然に増量できるだけでなく汗や水分に強い人工毛を使用するため、アクティブに過ごしたい人におすすめです。
増毛に使用する人工毛1本あたりにかかる費用(材料費+技術代金の合計)は40~100円と幅広く、薄毛の範囲や増やしたい量によって料金は異なります。

 

ミクロポイント増毛法のやり方や料金について

ミクロポイント増毛法ではクローバー構造を持つ人工毛を使用することがポイントです。
ハリやコシに優れた人工毛を使っているので、1時間で最大1,000本とスピーディーな増毛を可能にしています。
コシのある素材で作られた人工毛が自毛をふんわり立たせるように増毛可能なため、自然なボリューム感を演出できます。
ミクロポイント増毛法を実際に体験した人のネット上のレビューや料金に関する評判をチェックすると、1,000本で約10万円の初期費用がかかるという意見が見つかりました。
増やす量が多いほど料金も高くなることがポイントです。

 

4DMの特徴や料金の目安

4DM(フォーディーエム)は新増毛システムとして開発されました。
自毛が少ない部分の密度を自然にアップできることが特徴です。
4DMは都合に合わせて段階的に髪の密度を増やしていけます。
薄い部分にピンポイントで増やしていけるため個人の毛質に合わせて自然に仕上がる点が魅力です。
4DMの詳細な料金には個人差があります。
薄毛のタイプ別、あるいは髪質や増やしたい量によって価格が異なるため無料体験で詳細な見積もりを出してもらうことをおすすめします。

 

アートネイチャーのウィッグの種類と料金

アートネイチャーは増毛の他にもウィッグの取り扱いがあります。
アートネイチャーではなりたいヘアスタイルに合わせてオーダーメイドでウィッグを作成してくれます。
ウィッグの種類はヘア・フォーライフフィフティ、レクア、ヘア・リプレイスメントなどがあります。
ヘア・フォーライフフィフティは長年増毛で培ってきた技術を活かし、精密に作りこんだオーダーメイドウィッグのことで特殊なシートを使って装着するためまるで自毛のような着け心地を楽しめます。
レクアは間近で見てもわからないほど薄い0.08mmの人工頭皮を使用しています。
地肌と一体化するためスポーツ刈りなどのベリーショートスタイルにも対応できる点が魅力。
ヘア・リプレイスメントはオーダーメイドのカツラで、新技術シェルホールドにより装着することが特徴です。
ワンタッチで外せるタイプのカツラを求めている人はヘア・リプレイスメントがおすすめ。
料金は1年間の使用を目安としてヘア・フォーライフフィフティが45万円、レクアが50万円、ヘア・リプレイスメントが25~32万円程度が目安ですが、サイズによって値段が変わることがポイント。

 

 

気になるアートネイチャーのメンテナンス費用は?

アートネイチャーの増毛法やウィッグは定期的なメンテナンスを行なう必要があります。
増毛の場合、人工毛を結び付けた自毛が伸びると人工毛が上部に移動して浮いた状態になってしまうため月に1回程度メンテナンスが必要です。
メンテナンスにかかる費用は1,000本増毛した場合で2万円前後が目安ですが、使用した素材や範囲によって金額には個人差があります。
また増毛後にヘアカットを行なう場合は専門の美容室へ行きましょう。
ヘアカット代金は1回2,500円かかります。
ウィッグの場合、接着面の粘着状態とウィッグに使用した毛の寿命によってメンテナンスの度合が変わってきますが、1ヶ月に1~2回は美容院へ行く感覚でアートネイチャーの店舗へ行く必要があります。
メンテナンスにかかる費用の詳細目安としてレクアを利用した人の体験談をチェックすると、月1万円前後かかっていることがわかりました。
メンテナンス費用だけを見るとウィッグの方が増毛よりもお得な印象です。

 

 

他社の増毛との値段の比較

増毛法を行なっているのはアートネイチャーだけではありません。
アートネイチャーと他の有名増毛サロンの料金を比較してみましょう。
アートネイチャーは個々の毛質や希望の髪型によって値段を細分化しているため、表に確固とした価格が出てこないことが特徴です。
一方、新開発した育毛剤やスカルプ剤を使用した育毛法「ヘア・リプロ」や高性能なカツラを提供しているアデランスでは公式ホームページに参考価格が明記されています。
それによると、リアルな毛髪のような質感を持つ人工毛髪を使った増毛法「バイタルEXネオ」のパッケージ価格が1,500本129,600円であることがわかります。
また円形脱毛症用の医療用ウィッグや、特殊な糸で編み込み装着する特許技術を使った増毛法や結毛と呼ばれるエクステ増毛を取り扱うスヴェンソンでは、50,000円から増毛できます。
アデランスはレディアデランスを展開しており、スヴェンソンでも男性だけでなく薄毛に悩む女性向けのサービスを展開しています。
金額だけで比較せず、無料体験へ行って使用感を確認することがおすすめです。

 

 

アートネイチャーの増毛と植毛どっちがお得?

アートネイチャーに限らず、増毛法を継続的に利用し続けることは使用している限りメンテナンス費用が発生することがデメリットです。
一方、薄毛クリニックで植毛を受ける場合、手術費は高額ですが一度移植した毛根の組織は半永久的に自前の毛として生え続けることが大きなメリットです。
施術にかかる時間も比較してみましょう。
植毛手術は日帰りが可能で、植毛する範囲にもよりますが大体手術時間は1~2時間前後の場合が多いです。
一方、アートネイチャーのミクロポイント増毛法は1時間で最大1,000本の増毛が可能です。
長期的に利用する場合、単純に価格の面だけ比較すると植毛の方がお得ですが後頭部や側頭部の毛を移植する都合上、移植した部分の毛が生えそろうまで部分用かつらを使うなど工夫が必要です。
初期費用を安く抑えたい人や手術に抵抗がある人は増毛がおすすめですが、将来的にかかる費用を安く抑えたい人は植毛をおすすめします。
また増毛と植毛の大きな違いとして、増毛法はホームケアが重要である点も外せないポイントです。
増毛法は自前の毛髪に人工毛を結び付けて毛量を増やすため、ホームケアを怠らないように注意することが大事です。
アートネイチャーのサロンでは増毛後のシャンプー方法や取り扱い方法なども詳しく解説してもらえます。
支払方法や予算に関する心配がある場合、月々の支払い方法に関する不明点などを明らかにできるの、カウンセリングへ行くことがおすすめです。
無理な勧誘や契約を迫られたという口コミは見当たりませんでしたが、心配な場合は毅然な態度でカウンセリングに臨むことが大事です。
資料請求や体験予約は公式ホームページのメールフォームやフリーダイヤルから手続きできます。

 

 

レディスアートネイチャーの特徴と料金

男性だけでなく女性も加齢やさまざまな外的要因により薄毛治療が必要になることがあります。
薄毛が進行するとどんなヘアケアをしたらいいかわからなくなったり、自髪でカバーしきれなくなったりします。
そんな薄毛に悩む女性におすすめの増毛法がレディスアートネイチャーのビューティーアップです。
髪の頭頂部や生え際などのボリューム不足をふんわりと補ってくれます。
レディスアートネイチャーのビューティーアップは自毛のようなやさしい手触りが魅力です。
ビューティーアップの料金は男性の増毛と同じく個々の髪質や希望のヘアスタイルによって金額が異なることが特徴で、体験者のネット上の投稿を調査すると増毛1本あたり30~60円前後が目安となっている印象です。
また各地にあるビューティーサロン「マリー・ボーテ」では個人の頭の大きさや形状に合わせた女性用オーダーメイドウィッグ「パフィール」や「ふわりなでしこ」などの展示会や試着会を開催しています。
ちなみに、レディースアデランスでもオーダーメイドウィッグ「フォンテーヌ」の試着会を開催しているので、足を運んで使用感を比べてはいかがでしょうか。

 

 

アートネイチャーの値段は個人差が大きい

アートネイチャーの増毛やウィッグの値段は個人によってバラつきが大きく、正確な金額が知りたい場合は無料体験がおすすめです。
カウンセリングでは頭髪の悩みへの相談を無料で受け付けているだけでなく頭皮状態を詳しくチェックしてもらえるので、薄毛対策や薄毛の原因を改善する際に役立ちます。
また、アートネイチャーでは男性の髪の悩みだけでなく年齢を重ねた大人の女性の薄毛や、ストレスや病気などさまざまな理由で髪を失った女性向けのサービスも豊富に提供しています。
どんなコースを選んだらいいかわからない場合、体験会の会場もしくは電話などで相談しましょう。

 

 

アートネイチャー赤羽店へのアクセス

アートネイチャーは全国に店舗を持っています。
店舗は都市部に集中し、東京では14店舗を構えています。
赤羽店はJR線赤羽駅東口から徒歩1分のTスクエアビル内にあり、定期的に通いやすい点が魅力です。
男性と女性ではサロンの場所が違うため、注意してください。
メンズサロンは8F、レディスサロンは同じビル内の7Fにあります。

 

 

一般的なオーダーメイド式のかつらの値段

かつらの値段の相場はかつらの種類や使用されている素材によってさまざまです。
オーダーメイド型のかつらは高価ですが、ぴったりフィットするためストレスなく使用できます。
オーダーメイド式の場合、10万円前後の価格帯のものが多いです。

 

非公開のアートネイチャーの増毛価格はいくら?維持費と年間コスト関連ページ