増毛は自毛が伸びるとこんなに不自然に!アデランスの散髪・調整方法まとめ

増毛後に毛が伸びたら何をすればいいの?

アデランスやアートネイチャーに限らず、薄毛対策として増毛製品を利用した場合には、自毛が伸びても増毛した毛髪は伸びません。
このため、増毛直後の理想的なヘアスタイルを維持するためには、定期的なメンテナンスが必要となるのです。

 

この記事では、増毛のデメリットでもあるメンテナンスについて、どんなことをするのか、頻度はどのくらいなのか、費用はどのようになっているのかについて解説しています。

 

バイタルEX(エクス)の増毛体験は9万円お得!
通常、1,500本を増毛するとなると約10万円かかりますから、割引を利用し、1万円以内で1,000本の増毛を体験できるというのは増毛後のイメージを掴むのに大変有効です。
  • 増毛120本無料
  • 1,000本 10,000円で増毛可能

【無料体験で見るべきポイント】

  • 生活するうえで不便な点はないか
  • 使い続けていきたいと思えるか
  • 見た目が不自然に感じないか

アデランスの増毛体験を申込む

 

 

 

どうなる?自毛が伸びた時、増毛部分は残念な変化が

増毛後に自毛が伸びてくるとどうなるのかを、増毛法別に解説します。

 

  • 結毛法(マープ増毛法)
  • 編み込み法
  • シート装着法

いずれも専門的な技術による高度な増毛であるため、従来のカツラ(ウィッグ)のように自分で手入れすることはできません。
それぞれの増毛法について、自毛が伸びると増毛製品の取り付け部位はどのようになるのかについて見てゆきましょう。

 

結毛法(マープ増毛法)で自毛が伸びたら?

自然な見た目で評判の高いマープ増毛法では、自毛に人工毛を結びつけることで増毛します。
人工毛はしっかりと結び付けられているため外れてしまう心配はありません。

 

しかし、増毛直後は自毛の根元に落ち着いていた人工毛も、自毛が伸びてくると根本から浮き上がった状態になります。

 

自毛は概ね1ヶ月に1cm伸びるため、この分だけ結び目が浮き上がることになり、この状態を解消するために定期的なメンテナンスが必要となるのです。

 

また、人工髪が劣化して切れてしまうこともあるため、まばらになってしまった部分に新しく人工毛を追加する処置も行われます。

 

編み込み法が伸びる土台はどうなる?

編み込み式増毛法とは、「スヴェンソン式増毛法(ヘアウィービングシステム)」とも呼ばれているもので、スヴェンソン独自の増毛法です。
自毛に増毛製品(ニューヘア)を特殊な3本の糸で編み込んでゆく施術方で、金具や接着剤は使用しません。

 

自毛が伸びてくると取り付け部の土台と頭皮の間に隙間ができ、増毛製品全体が持ち上がってしまうのです。

 

また、ブラッシングの際など、浮き上がった部分にブラシが引っかかりやすくなり、増毛製品を痛めてしまう心配もあります。
増毛直後の理想的な髪型を保ち続けるために、定期的なメンテナンスが必要なのです。

 

シート装着法でも自毛が伸びると困ったことに

シート装着法は、極薄のシートに人工毛を受け付けた増毛製品を、頭皮に直接貼り付けることで薄毛対策を行うものです。
接着剤は医療用の安全性が確認されたものを使用しています。

 

24時間取り外す必要がなく、付けたままで洗髪も可能な製品ですが、ずっと付けたままにはできません。

 

接着部位か完全にハゲていない場合には、頭髪を剃ってから増毛を行いますが、この部位の毛髪が伸びてくると剃り直す必要が生じます。
また、接着剤は安全性が最優先されるため、使用期間が長くなるとどうしてもはがれてしまい、貼り直さなければならなくなるのです。

 

 

増毛後の髪にメンテナンスは必須

結毛法(マープ増毛法)・編み込み法・シート装着法など施術の違いによらず、増毛後に髪が伸びてくるとメンテナンスが必要となる理由は、増毛後の理想的な状態を維持するためです。
ここからは、それぞれのメンテナンスについてどのような施術を行うのか、頻度はどのくらいか、増毛製品の効果への維持費がいくらなのかについて解説します。

 

アデランスのメンテナンス紹介!スヴェンソンとの違いも

アデランスでの増毛後のメンテナンスを例に説明します。
アデランスの主力増毛製品であるマープの場合、アートネイチャーのサロンに定期的に通ってメンテナンスを行います。

 

サロンは全国に展開していて、通いやすい駅前などアクセスのよい立地となっています。
メンテナンスの料金は、取り付けた人工毛の本数、および施術法で異なりますが、マープ施術を実際に受けた方からの情報では、人工毛1本45円、取り付けに1本5円、アフターケアの人工毛追加が1本20円で、1回につき2,500~3,000円程度となり、月に1度程度の頻度でメンテナンスを受けるケースが多いようです。

 

なお、スヴェンソン式増毛法でのメンテナンスには、定期定額プランというものが用意されています。
フルサポートプランとマンスリー9の2タイプがあり、以下のとおりとなっています(価格はすべて税別)。

  • フルサポートプラン(1年契約)

    代替増毛製品の費用を含む
    初期費用:100,000円
    年間費用:250,000円
    メンテナンス費用:毎月12,000円

  •  

  • マンスリー12(1ヵ月契約)

    セミオーダーのスヴェンソン式増毛法(ラインスタイルイージー)に適用・代替増毛製品の費用を含む
    初期費用:50,000円
    月額費用12,000円
    メンテナンス費用:毎月約12,000円

  •  

  • マンスリー20(1ヵ月契約)

    フルオーダーのスヴェンソン式増毛法に適用・代替増毛製品の費用を含む
    初期費用:100,000円
    月額費用20,000円
    メンテナンス費用:毎月約12,000円

 

メンテナンスの頻度はどのくらいがいいの?

結毛法(マープ増毛法)・編み込み法・シート装着法のいずれの増毛法も、メンテナンスの頻度は基本的に1ヵ月に1度程度が推奨されています。

 

増毛直後の理想的なヘアスタイルを維持するためにも、頭皮や毛髪の状態をチェックするためにも、定期的にサロンに通ってメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

 

アデランス後に自毛が伸びたらサロンへ行こう

アデランスで増毛したあと、自毛が伸びてきたらまよわずサロンを訪れてメンテナンスを行ってください。

 

自毛を活かした増毛や頭皮に貼り付ける増毛など、24時間付けたままにできる増毛法では、増毛製品のセルフケアはできません。

 

サロンは駅前の便利なところにあり、全国に展開しています。
引っ越してもそのままメンテナンスを継続することができるので、安心ですね。

 

サロンではヘアカットもしてもらえるので、理髪店と同じ感覚で気軽に通えるのではないでしょうか。
また、サロンでは薄毛の悩みなどを気軽に相談できる点もメリットです。

 

 

アデランスの育毛プランは自宅用もある

増毛で有名なアデランスですが、薄毛の改善のために育毛プランも用意されています。
サロンで行う育毛サービスの他に、自宅でできるホームコースもあります。

 

専門のカウンセラーによるケアプランを自宅で行うというもので、毎日のヘアケアで育毛を促すことができます。
専用の育毛剤や薬用シャンプーも用意されています。

 

 

女性の増毛は伸びたら放っておける?

女性の増毛でも、自毛を活かした増毛製品を利用している場合には、男性と同様に定期的なメンテナンスが必要となります。

 

最近では、エクステ感覚で気軽に増毛を楽しむ女性が増えているため、定期的にサロンへ通うことへの抵抗感は少ないようです。
アデランスのレディースサロンも全国展開されていて、駅前の通いやすいところにあります。

 

増毛は自毛が伸びるとこんなに不自然に!アデランスの散髪・調整方法まとめ関連ページ